IMAP アカウントを使用している場合に、削除されたメッセージを復元する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Outlook 2010 で IMAP (Internet Message Access Protocol) アカウントのアイテムを初めて削除するときに、削除するアイテムに対する 2 つの処理方法のいずれかを選択するように求めるメッセージが表示されます。

  • メッセージは削除対象としてマーク    削除対象としてマークするメッセージでは、取り消し線で表示され、元のフォルダーから移動されません。

  • 削除されたメッセージは指定したフォルダーに移動    これは、一貫性のある Outlook の他のアカウントの種類とその他の一般的なソフトウェアで削除済みアイテムの動作です。他の電子メール プログラムを使って電子メール アカウントにアクセスするときよりよい結果を提供することもできます。

    注記: 

    • IMAP アカウントとして Google Gmail を使用する場合、削除用にマークを付けたメッセージは元のフォルダーから完全に削除されますが、引き続き取り消し線付きのテキストで表示されることがあります。これらのメッセージはコピーが Gmail Trash フォルダーに保持されているため、元に戻すことができます。

    • 削除済みのメッセージを別のフォルダーに移動するように指定した場合でも、引き続き取り消し線付きのメッセージが表示されることがあります。これは、削除用にマークが付けられたメッセージを Outlook 内の指定されたフォルダーに移動したにもかかわらず、IMAP サーバーではそのメッセージが削除用のマーク付きとしてのみ認識されることにより発生します。

    • 削除用にマークされたメッセージを表示しない場合は、[表示] タブの [現在のビュー] で [ビューの変更] をクリックし、[削除用にマークされたメッセージを隠す] をクリックします。

削除用にマークしたが移動していないメッセージを復元するには

  1. 削除したメッセージを選択します。

    • 複数のアイテムを選択するには、Ctrl キーを押しながら目的のアイテムをクリックします。

    • フォルダー内のすべてのアイテムを選択するには、フォルダー内の 1 つのアイテムをクリックし、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. [ホーム] タブの [削除] で [削除の取り消し] をクリックします。

    削除用にマークされたすべてのメッセージをすばやく表示するには、[ビュー] タブの [現在のビュー] で [ビューの変更] をクリックし、[削除用にマークされたメッセージをグループ化] をクリックします。

    注: メッセージを削除すると、Microsoft Windows デスクトップの [ごみ箱を空にすると似ています。削除されたメッセージを削除するときに、不要になったMicrosoft Outlookで表示されます。IMAP メール サーバーから削除、復元することはできません。

削除するときに指定されたフォルダーに移動したアイテムを復元するには

  1. 削除したアイテムを移動したフォルダーで、復元するアイテムをクリックします。

    • 複数のアイテムを選択するには、Ctrl キーを押しながら目的のアイテムをクリックします。

    • フォルダー内のすべてのアイテムを選択するには、フォルダー内の 1 つのアイテムをクリックし、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ナビゲーション ウィンドウにアイテムをドラッグしてをフォルダーにドロップします。

    • [ホーム] タブの [アクション] で [移動] をクリックし、目的のオプションをクリックします。

削除した IMAP アイテムの処理方法の変更

IMAP フォルダーのアイテムを削除したときの処理方法を変更するには

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。

  3. [電子メール] タブで変更する IMAP アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。次に、[詳細設定] をクリックします。

  4. [削除済みアイテム] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 削除したアイテムを別のフォルダーに移動するには、[削除したアイテムをサーバーの以下のフォルダーに移動する] を選択し、アイテムの移動先のフォルダーをクリックします。

    • 削除用にマークを付けたアイテムを移動しないときは、[アイテムを削除対象としてマークするが、自動的には移動しない] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×