IFS 関数

IFS 関数は、1 つ以上の条件が満たされているかどうかをチェックして、最初の TRUE 条件に対応する値を返します。IFS は、複数のネストした IF ステートメントに置き換えることができるため、複数の条件を読み込むのがより簡単です。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください

Office 365 または Excel の最新バージョンを試してみる

簡単な構文

  • IFS([Something is True1, Value if True1, [Something is True2, Value if True2],…[Something is True127, Value if True127])

注記: 

  • IFS 関数では、最大 127 個のさまざまな条件をテストすることができます。

  • 次に例を示します。

  • この関数により、A1 が 1 と等しい場合は 1 を表示し、A1 が 2 と等しい場合は 2 を表示し、A1 が 3 と等しい場合は 3 が表示されます。

  • IF または IFS ステートメントを使った複数の条件は正確な順序で入力する必要があり、また、構築、テスト、更新を行うのが大変難しいため、一般的にあまりにも多くの条件を使用することはお勧めしません。

  • =IFS(A1=1,1,A1=2,2,A1=3,3)

構文

  • IFS(logical_test1, value_if_true1, [logical_test2, value_if_true2], [logical_test3, value_if_true3],…)

引数

説明

logical_test1 (必須)

TRUE または FALSE に評価される条件です。

value_if_true1 (必須)

logical_test1 が TRUE に評価された場合に返される結果です。空にすることができます。

logical_test2…logical_test127 (省略可能)

TRUE または FALSE に評価される条件です。

value_if_true2…value_if_true127 (必須)

logical_testN が TRUE に評価された場合に返される結果です。各 value_if_trueN は、条件 logical_testN に対応します。空にすることができます。

使用例 1

IFS 関数の成績の例です。セル B2 の数式は  です。	=IFS(A2>89,"A",A2>79,"B",A2>69,"C",A2>59,"D",TRUE,"F")

セル A2:A6 の数式は次のとおりです。

  •  =IFS(A2>89,"A",A2>79,"B",A2>69,"C",A2>59,"D",TRUE,"F")

この関数により、A2 が 89 を超える場合は "A" を返し、A2 が 79 を超える場合は "B" を返し、最終的に 59 未満の値はすべて "F" を返します。

使用例 2

IFS 関数 - 曜日の例 - セル G2 の数式は 	=IFS(F2=1,D2,F2=2,D3,F2=3,D4,F2=4,D5,F2=5,D6,F2=6,D7,F2=7,D8)

セル G7 の数式は次のとおりです。

  •  =IFS(F2=1,D2,F2=2,D3,F2=3,D4,F2=4,D5,F2=5,D6,F2=6,D7,F2=7,D8)

この関数により、セル F2 の値が 1 と等しい場合はセル D2 の値を返し、セル F2 の値が 2 に等しい場合はセル D3 の値を返し、最終的にその他の条件のいずれにも満たない場合は、セル D8 の値が返されます。

解説

  • 既定の結果を指定するには、最後の logical_test の引数に、常に true となる条件を入力します。たとえば、TRUE や 1=1 などです。その他の条件のいずれにも満たない場合は、対応する値が返されます。例 1 の行 6 と 7 にその内容が表示されています (成績が 58 点の場合に返される値)。

  • logical_test の引数が対応する value_if_true を入れずに指定されると、関数は "この関数に指定した引数が少なすぎます" というエラー メッセージが表示されます。

  • logical_test 引数が評価され、TRUE または FALSE 以外の値に解決された場合、この関数は #VALUE! エラーを返します。

  •  TRUE 条件が見つからない場合、この関数は #N/A エラーを返します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

IF 関数

Advanced IF functions - Working with nested formulas and avoiding pitfalls (高度な IF 関数 - ネストされた数式を使用して問題を回避する)

トレーニング ビデオ: 高度な IF 関数

COUNTIF 関数は、1 つの条件に基づいて値をカウントします。

COUNTIFS 関数は、複数の条件に基づいて値をカウントします。

SUMIF 関数は、1 つの条件に基づいて値を合算します。

SUMIFS 関数は、複数の条件に基づいて値を合算します。

AND 関数

OR 関数

VLOOKUP 関数

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

よくある数式のエラーをエラー チェックで修正する

論理関数

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×