IF 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定された条件が TRUE (真) のとき真の場合を返し、FALSE (偽) のとき偽の場合を返します。IF 関数を使用して値または数式が条件を満たしているかどうかを検証できます。

書式

IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)

論理式      TRUE または FALSE に評価される値または式です。たとえば、[Quarter1]=100 は論理式です。ある行の [Quarter1] 列の値が 100 である場合、この式は TRUE と評価されます。それ以外の場合は、FALSE と評価されます。この引数には、任意の比較演算子を指定できます。

真の場合        論理式が TRUE の場合に返す値を指定します。たとえば、この引数が "予算内" という文字列の場合、論理式が TRUE となったときに "予算内" という文字列が表示されます。論理式が TRUE で真の場合が空白のときは、ゼロが返されます。"TRUE" という語を表示するには、引数に論理値 TRUE を指定します。真の場合に、別の数式を指定することもできます。

偽の場合     論理式が FALSE の場合に返す値を指定します。たとえば、この引数が "予算超過" という文字列の場合、論理式が FALSE となったときに "予算超過" という文字列が表示されます。論理式が FALSE で偽の場合を省略 (真の場合の後のコンマ以降を省略) すると、論理値 FALSE が返されます。論理式が FALSE で偽の場合が空白 (真の場合の後にコンマと閉じるかっこが続く) であると、ゼロが返されます。偽の場合に、別の数式を指定することもできます。

解説

  • 最大 7 つまでの IF 関数を真の場合、偽の場合としてネストすることにより、より複雑なテストを行うことができます。詳細については、最後の使用例を参照してください。

  • 真の場合、偽の場合の引数が評価されるとき、それらの計算結果の値が返されます。

  • いずれかの引数が配列である場合、IF 関数が実行されるとき、それぞれの配列要素はすべて評価されます。

使用例 1

C ol1

列 2

列 3

経費

数式

説明 (結果)

50

=IF([支出] <=100,"予算内","予算超過")

支出の数値が 100 以下の場合は "予算内" と表示され、100 を超えている場合は "予算超過" と表示されます (予算内)

23

45

89

50

=IF([支出]=100,SUM([列 1], [列 2], [列 3]),"")

支出の数値が 100 である場合は、3 つの値の合計が計算され、100 以外の場合は、空白文字列 ("") が返されます ()

使用例 2

実際の支出

予想支出

数式

説明 (計算結果)

1500

900

=IF([実際の支出]> [予想支出],"予算超過","OK")

1 行目の支出が予算を超過していないかどうかを調べます (予算超過)

50000

900

=IF([実際の支出]> [予想支出],"予算超過","OK")

2 行目の支出が予算を超過していないかどうかを調べます (OK)

使用例 3

得点

数式

説明 (計算結果)

45

=IF([得点]> 89,"A",IF([得点]> 79,"B", IF([得点]> 69,"C",IF([得点]> 59,"D","F"))))

最初の得点に対する評価を与えます (F)

90

=IF([得点]> 89,"A",IF([得点]> 79,"B", IF([得点]> 69,"C",IF([得点]> 59,"D","F"))))

2 番目の得点に対する評価を与えます (A)

78

=IF([得点]> 89,"A",IF([得点]> 79,"B", IF([得点]> 69,"C",IF([得点]> 59,"D","F"))))

3 番目の得点に対する評価を与えます (C)

この例で、2 番目の IF 関数は最初の IF 関数の偽の場合の引数としても指定されており、3 番目の IF 関数は 2 番目の IF 関数の偽の場合の引数として指定されています。たとえば、最初の論理式 ([得点]> 89) が TRUE の場合の評価は "A" となり、FALSE の場合は 2 番目の IF 関数が計算されます。

得点に対する評価は、次の基準に従って割り当てられます (整数のみを前提)。

得点の範囲

評価

90 点以上

A

80 点以上 90 点未満

B

70 点以上 80 点未満

C

60 点以上 70 点未満

D

60 点未満

F

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×