IF 関数を AND、OR、NOT 関数とともに使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

IF 関数を使うと、条件をテストして、その条件が True または False かによって結果を返すことにより、値と予想値の間の論理的な比較を行うことができます。

  • =IF(条件が True であればある処理を行い、それ以外の場合は別の処理を行う)

しかし、複数の条件をテストする必要がある場合はどうすればよいでしょうか。たとえば、すべての条件が True または False になる必要がある場合 (AND)、または 1 つの条件だけが True または False になる必要がある場合 (OR)、または条件が基準を満たしていないことを確認する場合 (NOT) があります。3 つの関数はどれも独立して使用できますが、通常は IF 関数と組み合わせて使用さます。

IF 関数を AND、OR、NOT 関数とともに使用して、条件が True または False かどうか複数の評価を実行します。

構文

  • IF(AND()) - IF(AND(logical1, [logical2], ...), value_if_true, [value_if_false]))

  • IF(OR()) - IF(OR(logical1, [logical2], ...), value_if_true, [value_if_false]))

  • IF(NOT()) - IF(NOT(logical1), value_if_true, [value_if_false]))

引数名

説明

logical_test (必須)

テストする条件

value_if_true (必須)

logical_test の結果が TRUE の場合に返す値

value_if_false (オプション)

logical_test の結果が FALSE の場合に返す値

ここでは、ANDORNOT 関数を個別に構成する方法の概要を説明します。これらをそれぞれ IF ステートメントと結合すると、次のようになります。

  • AND – =IF(AND(条件が True の場合,別の条件が True の場合),True の場合に返す値,False の場合に返す値)

  • OR – =IF(OR(条件が True の場合,別の条件が True の場合),True の場合に返す値,False の場合に返す値)

  • NOT – =IF(NOT(条件が True の場合),True の場合に返す値,False の場合に返す値)

以下に、入れ子になった IF(AND())、IF(OR()) および IF(NOT()) ステートメントの一般的な例を示します。AND および OR 関数は、最大 255 の個別の条件をサポートできますが、複雑な入れ子になった数式は、構成、テスト、および維持が非常に困難になるため、あまりたくさん使用することはお勧めできません。NOT 関数では、1 つの条件しか使用できません。

数値とテキストを評価するために、IF 関数を AND、OR、NOT 関数とともに使用した例

以下に、数式をそのロジックに従って説明します。

数式

説明

=IF(AND(A2>0,B2<100),TRUE, FALSE)

A2 (25) が0 より大きく、B2 (75) が 100 未満の場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、両方の条件が True なので、TRUE が返されます。

=IF(AND(A3="Red",B3="Green"),TRUE,FALSE)

A3 ("Blue") が "Red" で、B3 (“Green”) が “Green” の場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、最初の条件だけが True なので、FALSE が返されます。

=IF(OR(A4>0,B4<50),TRUE, FALSE)

A4 (25) が0 より大きいか、B4 (75) が 50 未満の場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、最初の条件だけが True ですが、OR は 1 つの引数だけが True になればよいため、数式は TRUE を返します。

=IF(OR(A5="Red",B5="Green"),TRUE,FALSE)

A5 ("Blue") が “Red”、または B5 (“Green”) が “Green” の場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、2 番目の引数が True なので、数式は TRUE を返します。

=IF(NOT(A6>50),TRUE,FALSE)

A6 (25) が 50 より大きくない場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合、25 は 50 より大きくないため、数式は TRUE を返します。

=IF(NOT(A7="Red"),TRUE,FALSE)

A7 ("Blue") が "Red" と等しくない場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。

すべての例には、それぞれの条件を入力した後に右かっこがあることにご注意ください。残りの True または False の引数は、外側の IF ステートメントの一部として残されます。例で返される TRUE または FALSE の値は、テキストまたは数値で置き換えることもできます。

AND、OR、NOT 関数を使用して日付を評価する例を以下に示します。

日付を評価するために、IF 関数を AND、OR、NOT 関数とともに使用した例

以下に、数式をそのロジックに従って説明します。

数式

説明

=IF(A2>B2,TRUE,FALSE)

A2 が B2 より大きい場合は TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。03/12/14 は 01/01/14 よりも大きいため、数式は TRUE を返します。

=IF(AND(A3>B2,A3<C2),TRUE,FALSE)

A3 が B2 より大きく、A3 が C2 よりも小さい場合は、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、両方の引数が True なので、数式は TRUE を返します。

=IF(OR(A4>B2,A4<B2+60),TRUE,FALSE)

A4 が B2 より大きいか、A4 が B2 + 60 よりも小さい場合は、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合は、最初の引数は True ですが、2 番目の引数は False です。OR は 1 つの引数が True であればよいため、数式は TRUE を返します。[数式] タブから数式の検証ウィザードを使用すると、Excel で数式がどのように評価されるかがわかります。

=IF(NOT(A5>B2),TRUE,FALSE)

A5 が B2 より大きくない場合、TRUE を返し、それ以外の場合は FALSE を返します。この場合、A5 は B2 より大きいため、数式は FALSE を返します。

数式の検証ウィザードの例

条件付き書式で AND、OR、NOT を使用する

AND、OR、NOT を使用して、数式のオプションで条件付き書式条件を設定することもできます。この設定では、IF 関数を省略して AND、OR、NOT を単独で使用できます。

[ホーム] タブで、[条件付き書式]、[新しいルール] の順にクリックします。次に、[数式を使用して、書式設定するセルを決定] オプションを選び、数式を入力し、選択した書式を適用します。

数式メソッドを示す [条件付き書式の設定]、[ルールの編集] ダイアログ

前述の日付の例を使用して、数式がどのようになるかを以下に示します。

AND、OR、NOT を条件付き書式のテストとして使用した例


数式

説明

=A2>B2

A2 が B2 よりも大きい場合は、セルを書式設定し、それ以外の場合は何もしません。

=AND(A3>B2,A3<C2)

A3 が B2 よりも大きく、A3 が C2 よりも小さい場合は、セルを書式設定し、それ以外の場合は何もしません。

=OR(A4>B2,A4<B2+60)

A4 が B2 よりも大きいか、A4 が B2+60 (日) よりも小さい場合は、セルを書式設定し、それ以外の場合は何もしません。

=NOT(A5>B2)

A5 が B2 よりも大きくない場合は、セルを書式設定し、それ以外の場合は何もしません。この場合は、A5 が B2 より大きいため、結果は FALSE を返します。数式を =NOT(B2>A5) に変更すると、TRUE を返してセルが書式設定されます。

注: よくあるエラーは、条件付き書式に等号 (=) を付けずに数式を入力することです。これを行うと、[条件付き書式] ダイアログで、等号と引用符が数式に追加され、="OR(A4>B2,A4<B2+60)" となるため、数式が正しく機能するためには、引用符を削除する必要があります。

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

IF 関数を使用する方法のビデオを参照してください。

数式でネストした関数を使用する方法を学習します。

IF 関数

AND 関数

OR 関数

NOT 関数

Excel で数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

エラー チェックを数式のエラーを検出するには

Excel for Windows のキーボード ショートカット

Excel for Mac のキーボード ショートカット

論理関数 (リファレンス)

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (カテゴリ)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×