Hwnd プロパティ

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

hWnd プロパティを使用して、Windows によってカレント ウィンドウに割り当てられたハンドル (固有のLong データ型) の値) を識別します。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。

expression.Hwnd

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

このプロパティは、マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードでのみ使用できます。

hWnd プロパティを引数として指定する Windows API 関数やその他の外部ルーチンを VBA コードで呼び出す場合に使用します。Windows 関数の多くは、引数の 1 つとしてカレント ウィンドウの hWnd プロパティの値が必要です。

このプロパティの値は、プログラムの実行中に変更される可能があるため、hWnd プロパティの値をパブリック変数に保存しないでください。

使用例

次の使用例では、Windows API の IsZoomed 関数の引数に hWnd プロパティの値を指定して、カレント ウィンドウが最大表示されているかどうかを判断します。

' モジュール ウィンドウの Declarations セクションに
' 単一の行を入力します。
Declare Function IsZoomed Lib "user32" _
(ByVal hWnd As Long) As Long
Sub Form_Activate()
Dim intWindowHandle As Long
intWindowHandle = Screen.ActiveForm.hWnd
If Not IsZoomed(intWindowHandle) Then
DoCmd.Maximize
End If
End Sub
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×