Height プロパティ

適用対象

BoundObjectFrame オブジェクト

Image オブジェクト

OptionButton オブジェクト

Section オブジェクト

CheckBox オブジェクト

Label オブジェクト

OptionGroup オブジェクト

SubForm オブジェクト

ComboBox オブジェクト

Line オブジェクト

Page オブジェクト

TabControl コレクション

CommandButton オブジェクト

ListBox オブジェクト

Rectangle オブジェクト

TextBox オブジェクト

CustomControl オブジェクト

ObjectFrame オブジェクト

Report オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

Height プロパティ (と Width プロパティ) を使用して、オブジェクトのサイズを特定の寸法にすることができます。読み取り/書き込みの Long である Report オブジェクトを除き、「適用対象」の一覧にあるすべてのオブジェクトの整数型の読み取り/書き込みが可能です。

expression.Height

expression は必須です。上記のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

Height プロパティは、フォームとレポートではなく、フォーム セクションとレポート セクションにのみ適用されます。

現在の単位で目的の高さの数値を入力します。Windows コントロール パネルの [地域のオプション] ダイアログ ボックスとは異なる単位を使用するには、cm やインチなどの単位を指定します (5 cm、3 インチなど)。

このプロパティを設定するには、オブジェクトのプロパティ シート、マクロ、または Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

コントロールには、既定のコントロール スタイルまたは VBA コードの DefaultControl プロパティを使用してこのプロパティの既定値を設定できます。

VBA では、数値式を使用して、このプロパティの値を設定します。値は twips 単位で表現されます。

レポートを印刷またはプレビューするとき、レポート セクションの Height プロパティの設定にマクロまたは VBA コードは使用できません。レポート コントロールの場合、レポートを印刷またはプレビューするときに Height プロパティを設定するには、マクロ、またはセクションの OnFormat イベント プロパティ設定に指定されている イベント プロシージャ を使用する必要があります。

印刷プロセスの開始後に、オブジェクトのこのプロパティを設定することはできません。たとえば、レポートの Print イベントで Height プロパティを設定しようとすると、エラーが生成されます。

Microsoft Office Access 2007 では、コントロールを作成するとき、コントロールのサイズを変更するとき、またはフォームのデザイン ビューまたはレポートのデザイン ビューでウィンドウ サイズを変更するときに、Height プロパティが自動的に設定されます。

セクションの高さは、境界線の内部から測定されます。コントロールの高さは、境界線の中心から測定されるので、境界線の幅が異なるコントロールは正しく配置されます。フォームとレポートの余白を設定するには、[ページ レイアウト] タブの [余白] をクリックします。

注: オブジェクトの左側と上の場所を設定するには、Left および Top プロパティを使用します。

次のコードは、コマンド ボタンのサイズを 1 インチ x 1 インチの四角形のボタン変更します (VBA の既定の単位は twips です。1440 twips は 1 インチと等しい値です)。

Me!cmdSizeButton.Height = 1440    ' 1440 twips = 1 inch.
Me!cmdSizeButton.Width = 1440
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×