HYPGEOMDIST 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

超幾何分布関数の値を返します。HYPGEOMDIST 関数では、指定された標本数、母集団の成功数、母集団の大きさから、一定数の標本が成功する確率を計算します。HYPGEOMDIST 関数は、一定の母集団を対象とした分析に使います。ただし、それぞれの事象は成功または失敗の 2 つの状態だけで、分析の対象となる標本は母集団から無作為に抽出されるとします。

書式

HYPGEOMDIST(標本の成功数, 標本数, 母集団の成功数, 母集団の大きさ)

標本の成功数    標本内で成功する数を指定します。

標本数    標本数を指定します。

母集団の成功数    母集団内で成功する数を指定します。

母集団の大きさ    母集団全体の数を指定します。

解説

  • 引数に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 標本の成功数に負の数を指定した場合、または標本の成功数が標本数または母集団の成功数の少ない方よりも大きい場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 標本の成功数に負の数を指定した場合、または標本の成功数が (標本数 - 母集団の大きさ + 母集団の成功数) よりも小さい場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 標本数に負の数を指定した場合、または標本数が母集団の大きさよりも大きい場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 母集団の成功数に負の数を指定した場合、または母集団の成功数が母集団の大きさよりも大きい場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 母集団の大きさに負の数を指定した場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 超幾何分布は次の式で計算されます。

    数式

    ここで

    x = 標本の成功数

    n = 標本数

    M = 母集団の成功数

    N = 母集団の大きさ

HYPGEOMDIST 関数では、置き換えなしに一定の母集団から標本が抽出されます。

使用例

20 個のチョコレートが入ったパッケージがあるとします。20 個のうち 8 個はキャラメル入りで、12 個はナッツ入りです。このパッケージから 4 個のチョコレートを無作為に抽出するとき、その中の 1 個がキャラメル入りである確率は、次の数式で計算することができます。

標本の成功数

標本数

母集団の成功数

母集団の大きさ

数式

説明 (計算結果)

1

4

8

[エンタープライズ フラグ 20

=HYPGEOMDIST([標本の成功数], [標本数], [母集団の成功数], [母集団の大きさ])

標本と母集団の超幾何分布関数の値を求めます (0.363261)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×