Guid プロパティ

適用対象

Reference オブジェクト

Reference オブジェクトの GUID プロパティは、Windows レジストリ内の タイプ ライブラリ を識別する GUID を返します。読み取り専用の文字列です。

expression.Guid

expression 必須。[適用対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

GUID プロパティは、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用する場合にのみ利用できます。

すべてのタイプ ライブラリには、レジストリに格納されている関連付けられた GUID があります。タイプ ライブラリへの参照を設定するときに、Microsoft Office Access 2007 はタイプ ライブラリの GUID を使用してタイプ ライブラリを識別します。

AddFromGUID メソッドを使用して、タイプ ライブラリの GUID から Reference オブジェクトを作成します。

使用例

次の例は、参照コレクション内の各 Reference オブジェクトの FullPathGUIDIsBrokenMajor、および Minor の各プロパティの値を印刷します。

Sub ReferenceProperties()
Dim ref As Reference
' Enumerate through References collection.
For Each ref In References
' Check IsBroken property.
If ref.IsBroken = False Then
Debug.Print "Name: ", ref.Name
Debug.Print "FullPath: ", ref.FullPath
Debug.Print "Version: ", ref.Major & _
"." & ref.Minor
Else
Debug.Print "GUIDs of broken references:"
Debug.Print ref.GUID
EndIf
Next ref
End Sub
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×