Groove ワークスペースをアーカイブとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Groove ワークスペースは、圧縮アーカイブ ファイル (.gsa) と後でアーカイブのワークスペースを開くとして新しい Groove ワークスペースとして保存できます。

注: SharePoint ワークスペースはアーカイブとして保存できません。

Groove ワークスペースをアーカイブとして保存すると、次の内容が保持されます。

  • ツール名およびユーザー設定ツール名の集合

  • ワークスペース名

  • すべてのツールのコンテンツ

  • ワークスペース内のメンバーの一覧

    注: アーカイブからワークスペースを復元すると、復元を実行しているメンバー以外のすべてのメンバーは "利用停止" と表示されます。利用停止されたメンバーは、後から再招待できます。

注: 共有フォルダーをアーカイブとして保存できません。

ワークスペースをアーカイブとして保存するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブの [共有] をクリックし、[ワークスペースをアーカイブとして保存] をクリックします。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでパスおよびファイル名を選択するか、既定の場所をそのまま使用して、[保存] をクリックします。

    ヒント: ワークスペースをアーカイブ ファイルをファイルに表示されます (自分のドキュメントGroove ワークスペース アーカイブフォルダー) の既定の場所を承諾する場合のリストをアーカイブから新しいワークスペースを作成します。

  3. 推奨のオプション操作: アーカイブのコンテンツを保護するためのパスワードを設定します。

  4. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×