Groove ワークスペースへの招待をファイルとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

他のユーザーを Groove ワークスペースに招待するための別の柔軟な方法として、招待をファイルとして保存する方法があります。招待ファイルを受信したユーザーはファイルを開くだけで、招待を承諾してワークスペースを受信できます。保存した招待ファイルは、次のような使い方ができます。

  • 個人またはグループに電子メールの添付ファイルとして送信する。

  • 招待ファイルをフロッピー ディスクにコピーして、選択したユーザーに配信する。この場合、招待ファイルは招待のバックアップの役割を果たします。

  • ファイル サーバー上に配置して、適切なネットワーク アクセス権を持つユーザーが招待を承諾できるようにする。

  • 他のワークスペースのドキュメント ツールにファイルを配置する。

  • Web ページ上に配置し、そのサイトにアクセスできるユーザーが招待をダウンロードしてワークスペースに参加できるようにする。

注: ワークスペースの招待ファイルを他のユーザーに送信する場合、招待ファイルを作成したコンピューターからのみワークスペースを送信できます。オンライン状態でない場合、ワークスペースは招待者に送信されず、次回オンラインになったときに送信されます。

ワークスペースの招待をファイルとして保存するには、次の操作を行います。

  1. ワークスペースに移動します。

  2. [ワークスペース] タブをクリックし、[メンバーの招待] をクリックします。次に、[招待をファイルとして保存] をクリックします。

  3. [参照] をクリックし、招待ファイルを保存する場所を選択するか、[ファイル名] ボックスにパスを入力します。

  4. 招待に関して割り当てるロールを選択します。

    招待ファイルに割り当てることができるロールは 1 つだけです。メンバーがワークスペースに参加した後で、ワークスペースの管理者はメンバーのロールを昇格させることができます。ただし、降格させることはできません。

  5. 受信者がワークスペースを承諾したことを確認する必要がある場合は、[承諾の確認を必要とする] をクリックします。

    この機能はセキュリティ上、役立ちます。ワークスペースを送信する前に、各受信者の本人確認ができます。

  6. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×