Graph でのグラフィック オブジェクトの扱いについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

画像を追加します。他のプログラムや場所から画像およびスキャンした写真をコピーして Microsoft Graph グラフに貼り付けます。インポートした図を挿入する方法

画像の編集画像の 2 種類があります: ビットマップで、通常、通常は、次の図のようなメタファイルや写真のようになります。

ビットマップは、小さな点の集まりから成る図で、グループ解除することはできません。ビットマップの図を選択すると、[図] ツールバーが表示され、ツールバーのボタンをクリックして図をトリミングしたり、図に輪郭を追加したり、明るさやコントラストを調整することなどができます。

メタファイルはグループを解除することができます。グループを解除できる場合は、グラフィックスを描画オブジェクトに変換してから Graph の描画ツールを使ってオブジェクトを編集することができます。ほとんどのイラストやクリップアートは、メタファイル形式です。グループを解除して描画オブジェクトに変換するには、描画オブジェクトを選択し、[図形の調整] メニュー ([図形描画] ツールバー) の [グループ解除] をクリックします。これで、他のオブジェクトと同様に、この描画オブジェクトを変更できるようになります。たとえば、人物のクリップアート イメージのグループを解除して衣服の色を変更し、他のクリップアートに追加することができます。

図の描画   [図形描画] ツールバーのボタンを使用して、図を描くことができます。また、用意されているオートシェイプを追加して組み合わせたり、線、フリーハンドの図形およびフリーフォームの図形を描いたりできます。

追加情報

図形描画] ツールバーを非表示を切り替える

円、四角形、またはその他のオートシェイプを追加します。

フリー フォームと曲線について

グラフィック フィルタ   Graph では、さまざまな形式のグラフィック ファイルを使うことができます。Office の各アプリケーションでは同じグラフィック フィルタが共有されるので、Word などの Office アプリケーションをセットアップするときにグラフィック フィルタを組み込むと、組み込んだフィルタを Graph でも使うことができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×