Google ドライブから OneDrive に切り替える

個人またはチームでファイルを表示、アップロード、編集する方法について簡単に説明しています。この説明に基づき、ドライブから OneDrive に切り替えたり、共同作業を開始したりすることができます。

注: 本ガイドに記載されている機能と情報は、Office 365 で利用できる OneDrive に適用されます。

OneDrive を使用すれば、ファイルはセキュリティで保護され、どこでも使用することができます。次のような利点があります。

  • Office 365 に最適 - インテリジェントな検出と洞察に基づく、ブラウザー、モバイル アプリ、デスクトップ アプリでの編集、共同編集が可能

  • 270 を超える種類のファイルに対応

  • セキュリティと IT の信頼の高さ

  • クラウドのリーダーシップとコンプライアンス - 信頼できるエンタープライズ クラスのコンプライアンスとセキュリティ

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

相違点*

機能

OneDrive

ドライブ

共同作業

  • 複数のユーザーが、デスクトップ上の Office 2016 またはブラウザーで Office Online を使用して、OneDrive に保存されている Office ファイルを同時に編集できます。

  • OneDrive のドキュメントは、SharePoint ページにリンクしたり、ドキュメント ライブラリに追加したりすることができます。

  • ファイルおよびフォルダーは、共有されるまでは非公開です。変更できないように、後で共有を停止することもできます。

  • ユーザーは、最後にファイルを編集したユーザーを表示したり、以前のバージョンにロールバックしたりすることができます。

  • 複数のユーザーが、ブラウザーで Google G Suite 製品を使用して、ドライブに保存されている G Suite 製品のファイルを同時に編集できます。

  • ドライブ内のドキュメントは、[サイト] ページにリンクしたり、ファイル キャビネットに追加したりすることができます。 

  • ファイルおよびフォルダーは、共有されるまでは非公開です。変更できないように、後で共有を停止することもできます。

  • ユーザーは、最後にファイルを編集したユーザーを表示したり、以前のバージョンにロールバックしたりすることができます。

  • 変更できないように、ファイルをロックすることもできます。 

  • ドキュメントが変更されると、ユーザーは通知を取得できます。 

Office ファイルの表示、保存、共有

  • デスクトップ アプリで Office ファイルを表示、保存、共有するために、追加のソフトウェアは必要ありません。

  • ブラウザーから直接 Office アプリを使用して、Office ファイルを開くことができます。

  • iOS、Android、または Windows デバイスでの保存には、OneDrive モバイル アプリが必要です。

  • デスクトップ Office アプリで、Office ファイルを表示、保存、共有するには、追加のソフトウェアをダウンロードする必要があります。

  • Office モバイル アプリを使用して、Office ファイルを表示、保存、共有するには、ドライブ アプリをドキュメント プロバイダーとして構成する必要があります。

共有時のアクセス許可の設定

  • 表示可能

  • 編集可能 (完全な編集アクセス権)

  • 表示可能

  • コメント可能

  • 編集可能

  • 所有者 (ファイルまたはフォルダーの所有者を変更可能)

オフライン使用のためにファイルを同期

  • OneDrive 同期クライアントを使用すると、OneDrive、SharePoint サイト、または Office 365 グループからファイルを同期できます。

  • Google ドライブを使用すると、[マイ ドライブ] のファイルを同期できます。

* 相違点は 2017 年 5 月時点の G-Suite Basic Edition と Microsoft の Office 365 E3 プランに基づきます。

他のユーザーと OneDrive ファイルを共有し、ファイルで共同作業を行います。表示または編集できるユーザーにアクセス許可を設定したり、ファイルを共有しているユーザーを表示したり、共有されているファイルを表示したりすることができます。

ファイルまたはフォルダーを共有する

  1. office.com にサインインし、[OneDrive] を選びます。

    https://login.partner.microsoftonline.cn にサインインし、[OneDrive] を選びます。

    https://portal.office.de にサインインし、[OneDrive] を選びます。

  2. 共有するファイルまたはフォルダーを選び、 共有 [共有] を選びます。

  3. 名前またはメール アドレスを入力します。

    注: ドロップダウンを選択してアクセス許可を変更します。既定では [編集を許可する] がオンになっています。アクセス許可を表示のみに変更するには、このボックスをオフにし、[適用] を選択します。

  4. [送信] を選びます。

OneDrive for Business でファイルまたはフォルダーを共有する

共有用にリンクを取得する

  1. ファイルまたはフォルダーを選び、[リンクのコピー] を選びます。

  2. アクセス許可を変更する場合はドロップダウンを選択します。

  3. [コピー] を選びます。

  4. メールや Web サイトなど、目的の場所にリンクを貼り付けます (Ctrl + V)。

OneDrive for Business でリンクをコピーする

自分と共有されているファイルを参照する

  • 左側のナビゲーションにある [自分と共有] を選択します。

OneDrive for Business で自分と共有する

ファイルを共有しているユーザーを参照する

  1. 共有しているファイルを表示するには、[共有] 列を確認します。

  2. [共有] をクリックして、[詳細] ウィンドウを開き、アクセス権を持つユーザーを表示します。

共有されたファイルにアクセスできるユーザーを表示する

OneDrive にファイルを保存すると、コンピューター、ノート PC、タブレット、スマートフォンなど、どこからでもアクセスできるようになります。

ブラウザーで OneDrive を使用する

  1. office.com にサインインし、[OneDrive] を選びます。

    https://login.partner.microsoftonline.cn にサインインし、[OneDrive] を選びます。

    https://portal.office.de にサインインし、[OneDrive] を選びます。

  2. ファイルを右クリックし、コマンドを選びます。

Office 365 のアプリ起動ツール

デスクトップで OneDrive を使用する

Windows 10 を使用している場合は、ファイルを同期できるように、OneDrive からサインインを求められる場合があります。

  • エクスプローラーで、次を選択します。

    [OneDrive - [会社名]]

OneDrive がセットアップされていない場合は、「Windows で OneDrive の新しい同期クライアントの使用を開始する」または「Mac OS X で OneDrive の新しい同期クライアントの使用を開始する」を参照してください。

エクスプローラーの OneDrive for Business ファイルのスクリーンショット

モバイル デバイスで OneDrive を使用する

  1. OneDrive モバイル アプリを起動し、[ファイル] または [最近使ったファイル] を選びます。

  2. ファイルを選びます。

Office モバイル アプリをインストールする必要がある場合は、「モバイル デバイスで Office アプリとメールをセットアップする」を参照してください。

OneDrive for iOS

ファイルを作成して OneDrive に保存すると、どこからでも編集できるようになります。

ファイルまたはフォルダーを作成する

  1. [新規] を選択し、[フォルダー] または作成するファイルの種類を選択します。

  2. ファイルの名前を変更するには、タイトル バーのファイル名をクリックして、Enter キーを押します。

  3. 完了したら、タイトル バーの名前をクリックして OneDrive に戻ります。

OneDrive for Business の新しいファイルまたはフォルダー メニュー

ファイルまたはフォルダーをアップロードする

  • OneDrive で、[アップロード] を選択します。

  • エクスプローラーで、ファイルを選択して OneDrive にドラッグします。

    注: フォルダーをアップロードするには、Microsoft Edge または Google Chrome を使用します。その他のブラウザーでは、最初にフォルダーを作成してから、目的のファイルを選択してアップロードします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ファイルを検索する

  1. [検索] ボックスに用語または語句を入力します。

  2. ファイルを選ぶか、Enter キーを押します。

OneDrive for Business で検索する

ファイルを編集する

  • ファイル名をクリックします。

  • または、ファイルを右クリックして、[開く] を選択してから、[<アプリ名> で開く] を選びます。

    Online アプリでは、変更は自動的に保存されます。

OneDrive の Word Online でファイルを開く

OneDrive のヘルプを表示する

[?] を選び、次の操作を行います。

  • [実行したい作業を入力してください] を選択し、ヘルプが必要な項目を入力して、検索結果からトピックを選択します。

  • または、[新機能] の下のトピックを選択します。

または、OneDrive サポート チームにメールで問い合わせます。

OneDrive for Business の [ヘルプ] ウィンドウ
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×