GoToRecord マクロ アクション

Access デスクトップ データベースおよび Access Web アプリでは、GoToRecord マクロ アクションを使って、開いているテーブル、フォーム、またはクエリ結果セットで、指定したレコードを現在のレコードにすることができます。

設定

Access デスクトップ データベースの GoToRecord マクロ アクションには、次の引数があります。

アクションの引数

説明

オブジェクトの種類

最新にするレコードを含んでいるオブジェクトの種類。[オブジェクトの種類] ボックスで、[テーブル]、[クエリ]、[フォーム]、[サーバー ビュー]、[ストアド プロシージャ]、または [関数] を選びます。アクティブ オブジェクトを選ぶには、この引数を空のままにします。

オブジェクト名

現在のレコードにするレコードを含んでいるオブジェクトの名前。 [オブジェクト名] ボックスには、現在のデータベース中に存在するオブジェクトのうちで、オブジェクトの種類の引数で選んだ種類のオブジェクトがすべて表示されます。 オブジェクトの種類引数を空にした場合、この引数も空にしてください。

レコード

現在のレコードにするレコード。[レコード] ボックスで、[前へ]、[次へ]、[最初]、[最後]、[移動先]、または[新規] を選びます。既定値は [次へ] です。

オフセット

整数、または整数として評価される式。 式の先頭に等号 (=) を付ける必要があります。 この引数は、現在のレコードにするレコードを指定します。 次の 2 つの方法でオフセット引数を使用できます。

  • レコード引数が [次へ] または [前へ] の場合、オフセット引数で指定したレコード数だけ前または後ろに移動します。

  • レコード引数が [移動先] の場合、オフセット引数と同じ番号のレコードに移動します。 レコード番号は、ウィンドウの下部にあるレコード番号ボックスに表示されます。

注: レコード引数に対して [最初]、[最後] または [新規] 設定を使用した場合、オフセット引数は無視されます。 オフセット引数に大きすぎる値を入力した場合、エラー メッセージが表示されます。 オフセット引数に負の数を入力することはできません。

Access Web アプリの GoToRecord マクロ アクションには、引数が 1 つしかありません。

アクションの引数

説明

レコード

現在のレコードにするレコード。[レコード] ボックスで、[前へ]、[次へ]、[最初]、または [最後] をクリックします。既定値は [次へ] です。

解説

フォーカスは、レコードの特定のコントロール内に存在する場合、このマクロ アクションにより、新しいレコード内の同じコントロール内に残されたままになります。

レコード引数の [新規] 設定を使って、新規データを入力できるように、フォームやテーブルの最後の空のレコードに移動することができます。

Access デスクトップ データベースの場合、このアクションは、[ホーム] タブの [検索] の下にある矢印をクリックして、[移動] をクリックすることに似ています。[移動先] コマンドの [最初]、[最後]、[次へ]、[前へ]、[新しいレコード] サブコマンドには、選んだオブジェクトに対して、レコード引数の [最初]、[最後]、[次へ]、[前へ]、[新規] 設定と同じ効果があります。ウィンドウの下部にある移動ボタンを使って、レコードに移動することもできます。

Access デスクトップ データベースでは、オブジェクトの種類オブジェクト名の引数で非表示のフォームを指定した場合、GoToRecord アクションを使って、非表示のフォームのレコードを現在のレコードにすることができます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでレコードの移動アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの GoToRecord メソッドを使用します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×