GetSetting 関数

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

Windows レジストリ内のアプリケーションのエントリ、または (Macintosh 上の) アプリケーションの初期化ファイル内の情報から、キー設定とそれぞれの値のリストを返します。

構文

GetSetting ( appname , section, key [, default ] )

GetSettin g 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

appname

必須。名前またはキー設定を要求するアプリケーションまたはプロジェクトを含む文字列式を指定します。Macintosh では、これはシステム フォルダーの [環境設定] フォルダーにある初期化ファイルのファイル名です。

section

必須。キー設定を見つけるセクションの名前を含む文字列式を指定します。

key

必須。キー設定を返すセクションの名前を含む文字列式を指定します。

default

省略可能。キー設定に値が設定されていない場合、返す値を含む文字列式を指定します。省略すると、default で、長さ 0 の文字列 ("") があると見なされます。


解説

GetSetting 引数で名付けられたアイテムが存在しない場合、GetSetting は、default の値を返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、最初に SaveSetting ステートメントを使用して、appname として指定されたアプリケーションの Windows レジストリ (または 16 ビット版 Windows の .ini ファイル) にエントリを作成し、GetSetting 関数を使用して、設定のうちの 1 つを表示します。default 引数で指定されているため、値の一部は必ず返されるようになります。section 名は、GetSetting で取得することはできないので、ご注意ください。最後に、DeleteSetting ステートメントは、アプリケーションのエントリをすべて削除します。

' Variant to hold 2-dimensional array returned 
' by GetSetting.
Dim MySettings As Variant
' Place some settings in the registry.
SaveSetting "MyApp","Startup", "Top", 75
SaveSetting "MyApp","Startup", "Left", 50
Debug.Print GetSetting(appname := "MyApp", _
section := "Startup", _
key := "Left", default := "25")
DeleteSetting "MyApp", "Startup"
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×