GUIDFromString 関数

GUIDFromString 関数は、文字列を GUID に変換します。これは、Byte 型の配列です。

構文

GUIDFromString ( stringexpression )

引数 stringexpression は必ず指定します。文字列形式の GUID として評価される文字列式を指定します。

解説

Microsoft Access のデータベース エンジンは、GUID をバイト型 (Byte) の配列として格納します。 ただし、Microsoft Office Access 2007 では、フォームまたはレポートのコントロールからバイト型 (Byte) のデータを取得することはできません。 コントロールから GUID の値を取得するには、その値を文字列に変換する必要があります。 GUID を文字列に変換する場合は StringFromGUID 関数を使用します。 文字列を GUID に変換する場合は GUIDFromString 関数を使用します。

クエリの例

結果

GUID_Table からの GUIDCode として、userID、GUIDfromString (userGUID) を選びます。

"UserID" を表示し、文字列式 (userGUID) を GUID (バイト配列) に変換して、列の GUIDCode に表示します。 この例は、GUID として評価できる文字列式の場合にのみ使用できます。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

次の例では、GUIDFromString 関数を使って、文字列を GUID に変換します。 この文字列は、レプリケートされた [社員] テーブルに文字列形式で格納されている GUID です。 [s_GUID] フィールドは、レプリケートされたデータベース内のレプリケートされた各テーブルに追加される非表示フィールドです。

Sub CheckGUIDType()
Dim dbsConn As ADODB.Connection
Dim rstEmployees As ADODB.Recordset
' Make a connection to the current database.
Set dbsConn = Application.CurrentProject.Connection
Set rstEmployees = New ADODB.Recordset
rstEmployees.Open "Employees", _
dbsConn, , , adCmdTable
' Print the GUID to the immediate window.
Debug.Print rst!s_GUID
Debug.Print TypeName(rst!s_GUID)
Debug.Print TypeName(GuidFromString(rst!s_GUID))
Set rstEmployees = Nothing
Set dbsConn = Nothing
End Sub

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×