GRANT ステートメント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既存のユーザーまたはグループに与える権限を指定します。

構文

GRANT {privilege[, privilege, …]} ON
{TABLE table |
OBJECT object|

CONTAINER container } TO {authorizationname[, authorizationname, …]}

GRANT ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

説明

privilege

権限を与えます。次のキーワードを使い、権限を指定します。

SELEC、DELETE、INSERT、UPDATE、DROP、SELECTSECURITY、UPDATESECURITY、DBPASSWORD、UPDATEIDENTITY、CREATE、SELECTSCHEMA、SCHEMA および UPDATEOWNER。

tablename

任意の有効なテーブル名。

object

これにより、テーブル以外の任意のオブジェクトが含まれます。既存のクエリを使用している (ビューまたは手続き) は、1 つの例です。

container

有効なコンテナの名前。

authorizationname

ユーザー名またはグループ名。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×