G Suite メールボックスを Office 365 に移行する

IMAP メールボックスを Office 365 に移行する」に移行プロセスの概要が説明されています。その記事を最初にお読みください。内容を十分に理解したら、この記事に戻り、G Suite (旧名 Google Apps) から Office 365 にメールボックスを移行する方法をお読みください。IMAP の移行手順を完了するには、Office 365 のグローバル管理者である必要があります。

Windows PowerShell コマンドについては、「PowerShell を使用した Office 365 への IMAP 移行の実行」を参照してください。

他の種類の IMAP メールボックスを Office 365 に移行する場合は、「他の種類の IMAP メールボックスを Office 365 に移行する」を参照してください。

Office 365 管理センターを使用して G Suite メールボックスから移行する

IMAP の移行では、Office 365 管理センターのセットアップ ウィザードを使用することができます。手順については、「IMAP migration in the Office 365 admin center (Office 365 管理センターでの IMAP の移行)」を参照してください。

重要:IMAP の移行ではメールのみが移行され、予定表や連絡先情報は移行されません。ユーザーは、Office 365 に、自分のメール、連絡先、およびその他のメールボックス情報をインポートできます。手順については、「Office 365 へのメールと連絡先の移行」を参照してください。

Office 365 で Gmail または G Suite に接続する前に、アカウント所有者はすべて、アカウントにアクセスするためにアプリのパスワードを作成する必要があります。これは、Google が Outlook を安全性の低いアプリと見なし、パスワードのみでは接続が許可されないためです。手順については、「Outlook および Office 365 に接続するための Gmail または G Suite アカウントを準備する」を参照してください。また、G Suite ユーザーの 2 段階認証を有効にすることも必要です。

Gmail 移行のタスク

次の一覧に含まれる移行タスクは、それぞれ実行する順序で示されています。

この作業では、最初に G Suite アカウントで使うドメインの所有者であることを Office 365 で確認します。

注記: 

  • もう 1 つのオプションは、独自のカスタム ドメインの代わりに、”会社名.onmicrosoft.com” 形式のドメイン (Office 365 サブスクリプションに含まれます) を使用することです。この場合は、「Create users in Office 365」 (Office 365 でユーザーを作成する) の説明に従ってユーザーを追加するだけで済むので、作業を省略することができます。

  • ただし、ほとんどの場合は、自らのドメインを使用することが好まれます。

ドメインを確認する作業は Office 365 のセットアップ中に用意されています。Office 365 セットアップ ウィザードのセットアップ中に、ドメイン ホスト プロバイダーに追加する TXT レコードが提供されます。Office 365 管理センター で行う手順の詳細は「Verify your domain in Office 365」 (Office 365 でドメインを確認する) を参照してください。DNS ホスト プロバイダーに TXT レコードを追加する方法については、次のいずれかのドメイン レジストラーの項目をご確認ください。

  • 現在の DNS ホスト プロバイダーに Google を使っている場合。    Google からドメインを購入しており、Google が提供する DNS ホスト プロバイダーを使っている場合は、「Google がドメインを管理している場合に DNS レコードを作成する」の手順に従ってください。

  • その他のドメイン レジストラーからドメインを購入した場合。    別の会社からドメインを購入した場合は、一般的なドメイン ホスト プロバイダーでの手順を参照してください。

ユーザーを 1 人ずつ、または複数一括で追加することができます。ユーザーを追加する場合に、ライセンスを割り当てることもできます。メールを移行する前には、Office 365 にユーザーごとのメールボックスを用意する必要があります。また、ユーザーのメールボックスを使うには、ユーザーごとに Exchange Online プランのライセンスが必要になります。

重要: これで、ドメインを所有していることを確認しました。また、カスタム ドメインを使って Office 365 に G Suite ユーザーとメールボックスも作成できました。ウィザードを閉じます。[ドメインのセットアップ] は、Gmail メールボックスを Office 365 に移行してから行います。タスク 7 の「Gmail を Office 365 に直接ルーティングする」でセットアップの手順を完了します。

このタスクでは、Office 365 に移行する Gmail メールボックスのリストが含まれる移行ファイルを作成します。 移行ファイルを最も簡単に作成するには、Excel を使用します。この説明では Excel を使用します。 Excel 2013、Excel 2010、または Excel 2007 を使用できます。

移行ファイルを作成するには、移行するそれぞれの Gmail メールボックスのパスワード情報が必要です。この説明では、ユーザー パスワードがわかっていることを前提としています。このため、移行中に、すべてのメールボックスに (パスワードをリセットして) 一時パスワードの割り当てが必要になる場合があります。パスワードをリセットするには、G Suite の管理者である必要があります。

すべての Gmail メールボックスを一度に移行する必要はありません。 必要に応じて、バッチ処理が可能です。 移行ファイルには最大 50,000 のメールボックスを含むことができます (ユーザーごとに 1 行)。 ファイルの最大サイズは 10 MB です。

  1. 管理者ユーザー名とパスワードを使用して、G Suite 管理コンソールにサインインします。

  2. サインインしたら、[Users] を選びます。

    Google 管理センターに表示されたユーザー一覧。
  3. それぞれのユーザーを選択し、各ユーザーのメール アドレスを確認します。アドレスを書き留めます。

    Google アプリの管理センターでのユーザーの詳細
  4. Office 365 管理センターにサインインして、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。[ユーザー名] の列を注意して見ます。この情報は後で使用します Office 365 管理センター ウィンドウも開いておきます。

    Office 365 管理センターの [ユーザー名] 列。
  5. Excel を起動します。

  6. 次のスクリーンショットをテンプレートとして使い、Excel で移行ファイルを作成します。 行 1 の見出しから始めます。 画像のとおりに入力し、スペースが入らないようにしてください。 見出しの名前は次のとおりです。

    • セル A1 の EmailAddress

    • セル B1 の UserName

    • セル C1 の Password

      Excel 移行ファイルのセル見出し
  7. 次に、移行するそれぞれのメールボックスのメール アドレス、ユーザー名とパスワードを入力します。 1 行に 1 つのメールボックスを入力します。

    • [列 A] は、Office 365 メールボックスのメール アドレスです。これは、Office 365 管理センターで [ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に選んで [ユーザー名] 列に表示される内容です。

    • [列 B] は、ユーザーの Gmail メールボックスのサインイン名 (alberta@contoso.com など) です。

    • [列 C] は、ユーザーの Gmail メールボックスのアプリ パスワードです。アプリ パスワードの作成方法は、「Office 365 管理センターを使用して G Suite メールボックスから移行する」に記載されています。

      完了したサンプル移行ファイル
  8. ファイルの種類を CSV ファイルで保存して、Excel を閉じます。

    Excel で [CSV 形式で保存] オプションを表示する。

Gmail メールボックスを正しく移行するには、Office 365 で Gmail に接続して通信ができる必要があります。 このため、Office 365 では移行エンドポイントを使用しています。 移行エンドポイントは、接続を作成してメールボックスを移行できるようにするための設定を表す用語です。 このタスクでは、移行エンドポイントを作成します。

  1. Exchange 管理センターに移動します。

  2. EAC で、[受信者]、[移行]、[その他] 詳細アイコン 、[移行エンドポイント] の順に移動します。

    移行エンドポイントを選ぶ。
  3. [新規] [新規作成] アイコン をクリックして、新しい移行エンドポイントを作成します。

  4. [移行エンドポイントの種類の選択] ページで、[IMAP] を選びます。

  5. [IMAP 移行構成] ページで [IMAP サーバー] を imap.gmail.com に設定して、既定の設定を変更せずに使用します。

  6. [次へ] をクリックします。移行サービスは、この設定を使用して Gmail システムへの接続をテストします。接続に問題がなければ、[全般情報の入力] ページが開きます。

  7. [全般情報の入力] ページで、[移行エンドポイント名](Test5-endpoint など) を入力します。 他の 2 つのボックスは空白にして、既定値を使用します。

    移行エンドポイント名
  8. [新規] をクリックして、移行エンドポイントを作成します。

移行バッチを使用して、Gmail メールボックスのグループを同時に Office 365 に移行します。 バッチには、前のタスクの移行ファイルに一覧表示されている Gmail メールボックスが含まれます。

ヒント: 

  • 最初はテスト目的で少数のメールボックスを含むテスト用の移行バッチを作成することをお勧めします。

  • 同数の行を含む移行ファイルを使用して、1 日の同じ時間帯でバッチを実行します。 その上で、それぞれのバッチの実行時間の合計を比較します。 この操作を行うと、すべてのメールボックスの移行にかかる時間を予測でき、それぞれの移行バッチをどれだけのサイズにして、ソース メール システムへの同時接続をいくつ使用するかを決めて、移行速度とインターネット帯域幅のバランスを取ることができます。

  1. Office 365 管理センターで、[管理センター]、[Exchange] の順に移動します。

    Exchange 管理センターに移動します。
  2. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に選びます。

  3. [新規] [新規作成] アイコン 、[Exchange Online に移行] の順にクリックします。

    [Exchange Online に移行] を選ぶ
  4. [IMAP 移行]、[次へ] の順に選びます。

  5. [ユーザーの選択] ページで [参照] をクリックして、作成した移行ファイルを指定します。移行ファイルを選ぶと、Office 365 で次の確認が行われます。

    • 空でないこと。

    • コンマ区切り形式が使用されていること。

    • 50,000 行を超える行が含まれていないこと。

    • 必要な属性が見出し行に含まれていること。

    • 含まれる行に見出し行と同数の列があること。

    いずれかの確認に失敗すると、失敗の理由を示したエラーが表示されます。 エラーが表示された場合は、移行ファイルを修正、再送信して移行バッチを作成する必要があります。

  6. Office 365 で移行ファイルが検証されると、移行する Gmail メールボックスの数として、ファイルに一覧表示されたユーザーの数が表示されます。

    CSV ファイルを使った新しい移行バッチ
  7. [次へ] をクリックします。

  8. [移行エンドポイントの設定] ページで、前の手順で作成した移行エンドポイントを選んで、[次へ] を選びます。

  9. [IMAP 移行構成] ページで、既定値を受け入れ、[次へ] をクリックします。

  10. [移動の構成] ページで、移行バッチの名前 (空白または特殊文字を含めない) をボックスに入力します (Test5-migration など)。 表示される既定のバッチ名は、指定した移行ファイルの名前になります。 移行バッチを作成すると、移行ダッシュボードのリストに移行バッチ名が表示されます。

    移行の対象から除外するフォルダーの名前を入力することもできます。たとえば、共有迷惑メール削除済みなどです。[追加] [追加] アイコン をクリックして、これらのフォルダーを除外リストに追加します。編集アイコン [追加] アイコン を使用して、フォルダー名を変更することもできます。また、削除アイコン [削除] アイコン を使用すると、フォルダー名を削除できます。

    [移動の構成] ダイアログ
  11. [次へ] をクリックします。

  12. [バッチの開始] ページで、次の操作を行います。

    • [参照] を選んで、移行レポートのコピーを他のユーザーに送信します。 既定では、移行レポートは自分にメールで送られます。 移行バッチのプロパティ ページから移行レポートにアクセスすることも可能です。

    • [バッチを自動的に開始する]、[新規] の順に選びます。 [同期中] の状態で移行がただちに開始されます。

      移行バッチの同期中

注: [同期中] の状態が長く続く場合は、Google で設定された帯域幅の制限の影響を受けている可能性があります。詳細については、「帯域幅に関する制限事項」を参照してください。

移行が機能することを確認する

  • Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に移動します。バッチが移行ダッシュボードに表示されていることを確認します。移行が正常に完了すると、状態が [同期済み] になります。

  • このタスクが失敗した場合は、関連するメールボックスの状態レポートでエラーを確認し、移行ファイルの [EmailAddress] 列に正しい Office 365 メール アドレスが含まれていることを慎重に確認します。

Office 365 へのメールボックス移行が正しく完了していることを確認する

  • 移行したユーザーに次のタスクを行うように依頼します。

    • Office 365 サインイン ページにアクセスして、ユーザー名と一時パスワードでサインインします。

    • パスワードを更新して、タイムゾーンを設定します。 予定表とメールが正しく設定されるようにするため、正しいタイムゾーンを選ぶことが重要です。

    • Outlook Web App が開いたら、メール メッセージを他の Office 365 ユーザーに送信して、メールを送信できることを確認します。

    • [Outlook] を選んで、メール メッセージとフォルダーがすべて含まれていることを確認します。

このタスクはオプションですが、実行すると、新しい Office 365 メールボックスに受信するメールの遅延を避けられます。

別の組織の人からメールが送信される場合、送信元のメール システムでメールの送信先が毎回確認されるわけではありません。代わりに、DNS サーバーの設定 (Time-To-Live (TTL)) に基づいて、メール システムの場所が保存されます。TTL の期限が切れる前にメール システムの場所を変更した場合、送信者のメール システムでは、まず以前の場所にメールを送信しようとしてから、場所が変更されていることが認識されます。このため、メールの送信が遅れる場合があります。この問題を避ける 1 つの方法は、DNS サーバーが組織外のサーバーに伝える TTL を小さくすることです。この結果、他の組織でメール システムの場所を更新する回数が多くなります。

ほとんどのメール システムでは、3,600 秒 (1 時間) などの短い間隔が設定されていれば、1 時間ごとに更新を確認します。 メールの移行を始める前に、少なくともこの程度に間隔を設定することをお勧めします。 この設定にすると、メールを送信するすべてのシステムで、変更に対処する十分な時間が取れます。 その後、Office 365 への最終的な切り替えを行うときに、TTL を長い間隔に戻すことができます。

TTL の設定を変更する場所は、使用しているメール システムのメール エクスチェンジャー レコード、別名 MX レコードです。 これは、公開 DNS システム上に置かれています。 複数の MX レコードがある場合は、それぞれのレコードの値を 3,600 秒以下に設定する必要があります。

このタスクは省略しても構いません。 新しい Office 365 メールボックスにメールが到着するまでの時間が長くなる場合がありますが、到着はします。

DNS 設定の構成に関するヘルプは、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。

メール システムは、MX レコードと呼ばれる DNS レコードを使用して、メールの送信先を把握しています。メール移行プロセスの間、MX レコードは Gmail システムをポイントしていました。Office 365 へのメールの移行が完了したので、MX レコードが Office 365 をポイントするようにします。この手順に従って MX レコードを変更した後は、カスタム ドメインのユーザーに送られたメールは Office 365 メールボックスに送信されます。

多くの DNS プロバイダーには、MX レコードを変更するための固有の手順があります。これらの手順については、「自分で DNS レコードを管理するときに Office 365 の DNS レコードを作成する」を参照してください。使用している DNS プロバイダーが含まれていない場合や、一般的な手順を知りたい場合のために、一般的な MX レコードの手順も用意しています。「任意の DNS ホスティング プロバイダーで Office 365 用の DNS レコードを作成する」を参照してください。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. ドメインのページに移動します

  3. ドメインを選んで、[問題の修正] を選びます。

    状態が [問題の修正] と表示されます。これは、MX レコードを切り替える前に Gmail のメールを Office 365 に移行できるように、ウィザードを途中で止めたためです。

    修正が必要なドメイン。
  4. 追加する DNS レコードの種類ごとに、[何を修正しますか?] を選び、指示に従って Office 365 サービス用のレコードを追加します。

  5. すべてのレコードを追加すると、ドメインが正しく設定されたことを示すメッセージ「Contoso.com が正しく設定されました」が表示されます。アクションは必要ありません。

変更された MX レコードがお客様/パートナーのメール システムで認識されるまでに、最大 72 時間かかる場合があります。 少なくとも 72 時間経過してから、Gmail との同期の停止に進みます。

前のタスクで、ドメインの MX レコードを更新しました。すべてのメールが Office 365 にルーティングされていることを確認します。確認したら、移行バッチを削除して、Gmail と Office 365 との同期を停止することができます。この手順に従って操作する前に:

  • ユーザーがメール専用に Office 365 を使用していることをご確認ください。 移行バッチを削除した後は、Gmail メールボックスに送信されたメールは Office 365 にコピーされません。このメールはユーザーに届かないので、すべてのユーザーが新しいシステムを使用していることをご確認ください。

  • 移行バッチは、実行から少なくとも 72 時間経過してから削除してください。これで、次の 2 つの可能性が増します。

    • Gmail メールボックスと Office 365 メールボックスが少なくとも 1 回同期する (これらは 1 日に 1 回同期される)。

    • 顧客やパートナーのメール システムで、MX レコードへの変更が認識されるようになり、メールが正しく Office 365 のメールボックスに送信される

移行バッチを削除すると、移行サービスによって移行バッチに関連するすべてのレコードが消去され、移行ダッシュボードから削除されます。

移行バッチを削除する

  1. Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に進みます。

  2. 移行ダッシュボードでバッチを選んで、[削除] をクリックします。

これが機能したことを知る方法

  • Exchange 管理センターで、[受信者]、[移行] の順に選びます。 移行バッチが移行ダッシュボードのリストにないことを確認します。

管理者がメールを移行した後は、ユーザーが自分の Gmail のカレンダーと連絡先を Outlook にインポートできます。

ご意見を寄せてください。

この説明は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。 役に立たず、メールの移行でまだ問題が発生している場合は、それについて知らせてください。その内容を反映してこちらの手順を見直します。

関連トピック

Office 365 管理センターでの IMAP の移行
IMAP メールボックスを Office 365 に移行するために必要なことを理解する
複数のメール アカウントを Office 365 に移行する方法

IMAP の移行を最適化するためのヒント

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×