FormatDateTime 関数

日付または時刻として書式設定された式を返します。

構文

FormatDateTime( Date [, NamedFormat ] )

FormatDateTime 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

Date

必須。書式設定された日付式を指定します。

NamedFormat

省略可能。日付/時刻の書式設定に使用する数値を指定します。省略すると、vbGeneralDate が使用されます。


設定

NamedFormat 引数には、次の設定があります。

定数

説明

vbGeneralDate

0

日付と時刻を表示します。日付の部分がある場合、短い日付として表示されます。時刻の部分がある場合、長い時刻として表示されます。存在する場合、両方の部分が表示されます。

vbLongDate

1

コンピューターの地域設定で指定された長い日付の書式設定を使用して、日付を表示します。

vbShortDate

2

コンピューターの地域設定で指定された短い日付の書式設定を使用して、日付を表示します。

vbLongTime

3

コンピューターの地域設定で指定された時刻の書式設定を使用して、日付を表示します。

vbShortTime

4

24 時間制 (hh:mm) で時刻を表示します。


スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×