Format プロパティ

適用対象

ComboBox オブジェクト

TextBox オブジェクト

Format プロパティを使用し、数値、日付、時刻、テキストの表示方法と印刷方法をカスタマイズできます。文字列型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.Format

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

事前定義されている書式の 1 つを使用するか、書式設定シンボルでカスタム書式を作成できます。

Format プロパティは、異なるデータ型に対して異なる設定を使用します。

コントロールの場合、コントロールのプロパティ シートにこのプロパティを設定できます。フィールドの場合、テーブルのデザイン ビュー ([フィールド プロパティ] セクション) または クエリ ウィンドウ のデザイン ビュー ([フィールド プロパティ] プロパティ シート) でこのプロパティを設定できます。マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用することもできます。

注: Visual Basic で、事前定義されている書式の 1 つに相当する文字列式を入力するか、カスタム書式を入力します。

Format プロパティは、データの表示方法のみに影響を与えます。データの格納方法には影響しません。

Microsoft Office Access 2007 では、日付/時刻、数値、通貨、テキストとメモ、はい/いいえ (データ型) の書式が事前定義されています。事前定義の書式は、国/地域によって変わります。Windows コントロール パネルの地域オプションをダブルクリックして指定します。Access には、選択した国/地域に適した書式が表示されます。たとえば、[全般] タブで [英語 (米国)] を選択した場合、通貨書式の 1234.56 は $1,234.56 として表示されますが、[英語 (英国)] を [全般] タブで選択した場合、この数値は £1,234.56 として表示されます。

テーブルのデザイン ビューでフィールドの Format プロパティを設定した場合、Access はその書式を使用し、データシートにデータを表示します。フォームやレポートの新しいコントロールにもフィールドの Format プロパティが適用されます。

カスタム書式では、あらゆるデータ型を対象に、次の記号を使用できます。

記号

意味

(スペース)

リテラル文字としてスペースを表示します。

"ABC"

引用符内の文字をすべてリテラル文字として表示します。

!

右揃えではなく左揃えを強制します。

*

利用できるスペースを次の文字で埋めます。

\

リテラル文字列として次の文字を表示します。引用符で囲むことでリテラル文字を表示することもできます。

[]

書式設定されたデータを角かっこで指定された色で表示します。使用できる色:黒、青、緑、シアン、赤、マゼンタ、黄、白。


数値データ型と通貨データ型の書式設定シンボルと日付/時刻、はい/いいえ、テキスト、メモの書式設定シンボルを混在させることはできません。

定型入力を定義しているとき、同じデータに Format プロパティを設定する場合、データが表示されるときに Format プロパティに優先権が与えられ、定型入力は無視されます。たとえば、テーブルのデザイン ビューで Password 定型入力を作成し、さらにテーブルまたはフォーム上のコントロールで同じフィールドに Format プロパティを設定した場合、Password 定型入力は無視され、Format プロパティに基づいてデータが表示されます。

次の 3 つの例では、事前定義されている書式を使用して Format プロパティを設定します。

Me!Date.Format = "Medium Date"

Me!Time.Format = "Long Time"

Me!Registered.Format = "Yes/No"

次の例では、カスタム書式を使用して Format プロパティを設定します。この書式では日付が次のように表示されます: Jan 1995

Forms!Employees!HireDate.Format = "mmm yyyy"

次は、通貨書式を使用して数値データを書式設定し、テキスト データをすべて大文字で書式設定する VBA 関数の例です。この関数は、TaxRefund という名前のバインドされていないコントロールの OnLostFocus イベントから呼び出されます。

Function FormatValue() As Integer
Dim varEnteredValue As Variant
varEnteredValue = Forms!Survey!TaxRefund.Value
If IsNumeric(varEnteredValue) = True Then
Forms!Survey!TaxRefund.Format = "Currency"
Else
Forms!Survey!TaxRefund.Format = ">"
End If
End Function
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×