For Mac の Office のフロー チャートを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フロー チャートを使用すると、プロセスの流れを表示します。基本的なフロー チャートは簡単に作成し、図形は、シンプルで視覚的なので、わかりやすいがします。

フロー チャートを作成するのには、次の手順に従います。

  1. [挿入] タブの [図形] をクリックします。

    PPT for Mac の [図形]
  2. 図形を選ぶときは、ポイントして画面のヒントを表示し、図形の名前を確認します。 次に例を示します。

    • 長方形は、処理の図形、プロセスの主な手順用に使用します。

    • ひし形は判断の図形で、処理の中で判断するポイントを示すために使われます。

    • 横長の長円形は端子の図形で使用を開始し、プロセスの終了です。

    正しい図形を正しい目的に使ってください。

    PPT for Mac の [フローチャート]

  3. 準備ができたら、十字線を描画することで、ファイルをドラッグして図形をクリックします。

    図形をつなぐ前に、図形の中心が揃っていることを確認します。 Shift キーを押して図形を選び、[図形の書式設定] タブで [整列] をクリックし、オプションのどれかを選びます。

    PPT for Mac の [配置]
  4. 次に、[] ギャラリーで、図形を結ぶコネクタを選びます。

    PPT for Mac の [線]

関連項目

SmartArt グラフィックを選ぶ

For Mac Office 2016 で SmartArt 付き組織図を作成します。

Excel、PowerPoint、または Word で SmartArt グラフィックを使うことで、フロー チャートを作成して、ワークシート、プレゼンテーション、文書に含めることができます。

Office プログラム別の設定方法

Excel

PowerPoint

Word

Excel

次の操作を行います。

図形を追加する

  1. [標準] ツール バーの [メディア ブラウザーの表示/非表示を切り替えます[メディア ブラウザー] ボタン をクリックします。

  2. [図形[図形] タブ をクリックし、ポップアップ メニューの [すべての図形] をクリックします。

  3. 追加する図形をクリックします。

  4. ドキュメント内で、図形が目的のサイズになるまでカーソルをドラッグします。

    ヒント: 図形の縦横比を維持するには、Shift キーを押しながらカーソルをドラッグします。

2 つの図形の間に直線コネクタを追加する

  1. [標準] ツール バーの [メディア ブラウザーの表示/非表示を切り替えます[メディア ブラウザー] ボタン をクリックします。

  2. [図形[図形] タブ をクリックし、ポップアップ メニューの [線とコネクタ] をクリックします。

  3. 目的の線のスタイルをクリックします。

  4. 線を描画する 1 つの図形に結合されるようにドラッグします。

    ヒント: 

    • コネクタが図形と一緒に移動するようにコネクタを図形に接続するには、1 つの赤いハンドルから別の赤いハンドルまでコネクタを描きます。

    • 線の角度 (垂直または水平など) を固定するには、Shift キーを押しながら線を引きます。

図形にテキストを追加する

  1. 図形を選択します。

  2. 必要なテキストを入力します。

    ヒント: 図形のテキストの書式を設定するには、テキストを選択し、[ホーム] タブで目的の書式オプション (フォント、色、太字など) を選択します。

直線コネクタにテキストを追加する

  1. [挿入] メニューの [テキスト ボックス] をクリックします。

  2. 文書内で、目的のサイズのテキスト ボックスをドラッグして描きます。

  3. 必要なテキストを入力します。

PowerPoint

必要に応じて、次の操作を行います。

図形を追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、いずれかの図形の種類をポイントしてから、目的の図形をクリックします。

    [ホーム] タブの [挿入] グループ

  2. ドキュメント内で、図形が目的のサイズになるまでカーソルをドラッグします。

    ヒント: 図形の縦横比を維持するには、Shift キーを押しながらカーソルをドラッグします。

2 つの図形の間に直線コネクタを追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、[線とコネクタ]をポイントしてから、目的の線のスタイルをクリックします。

    [ホーム] タブの [挿入] グループ

  2. 任意の位置でカーソルをドラッグして線を引き、1 つの図形を別の図形に結合します。

    ヒント: 

    • コネクタが図形と一緒に移動するようにコネクタを図形に接続するには、1 つの赤いハンドルから別の赤いハンドルまでコネクタを描きます。

    • 線の角度 (垂直または水平など) を固定するには、Shift キーを押しながら線を引きます。

図形にテキストを追加する

  1. 図形を選択します。

  2. 必要なテキストを入力します。

    ヒント: 図形のテキストの書式を設定するには、テキストを選択し、[ホーム] タブで目的の書式オプション (フォント、色、太字など) を選択します。

直線コネクタにテキストを追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [テキスト] をクリックし、[テキスト ボックス] をクリックします。

  2. 文書内で、目的のサイズのテキスト ボックスをドラッグして描きます。

  3. 必要なテキストを入力します。

Word

必要に応じて、次の操作を行います。

図形を追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、いずれかの図形の種類をポイントしてから、目的の図形をクリックします。

    Word の [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  2. ドキュメント内で、図形が目的のサイズになるまでカーソルをドラッグします。

    ヒント: 図形の縦横比を維持するには、Shift キーを押しながらカーソルをドラッグします。

2 つの図形の間に直線コネクタを追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、[線とコネクタ]をポイントしてから、目的の線のスタイルをクリックします。

    Word の [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  2. 任意の位置でカーソルをドラッグして線を引き、1 つの図形を別の図形に結合します。

    ヒント: 

    • コネクタが図形と一緒に移動するようにコネクタを図形に接続するには、それらをグループ化します。最初に図形とコネクタを選択します。紫の [書式] タブをクリックします。[配置] で [グループ化] をクリックし、[グループ化] をクリックします。

    • 線の角度 (垂直または水平など) を固定するには、Shift キーを押しながら線を引きます。

図形にテキストを追加する

  1. 図形を選択します。

  2. 必要なテキストを入力します。

    ヒント: 図形のテキストの書式を設定するには、テキストを選択し、[ホーム] タブで目的の書式オプション (フォント、色、太字など) を選択します。

直線コネクタにテキストを追加する

  1. [ホーム] タブの [挿入] で [テキスト ボックス] をクリックし、[テキスト ボックス] をクリックします。

  2. 文書内で、目的のサイズのテキスト ボックスをドラッグして描きます。

  3. 必要なテキストを入力します。

Word の操作で、ここで取り上げていない問題について質問がある場合

Word の回答コミュニティで質問を投稿します。

Word の機能を向上させるためのご協力のお願い

Word の改善に関する提案していますか。必要な場合は、 Word UserVoiceを参照してくださいお知らせ

関連項目

図形を追加または変更する

組織図を作成する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×