FontBold プロパティ

対象

ComboBox オブジェクト

Report オブジェクト

CommandButton オブジェクト

TabControl コレクション

FormatCondition オブジェクト

TextBox オブジェクト

Label オブジェクト

ToggleButton オブジェクト

ListBox オブジェクト

以下の状況で、フォントを太字で表示するかどうかを示します。

  • フォームおよびレポートのコントロールを表示または印刷するとき。

  • レポートで Print メソッドを使うとき。

解説

FontBold プロパティの設定値は次のとおりです。

設定値

説明

True

テキストを太字にします。

False

テキストを太字にしません。(既定値)


注: FontBold プロパティは、マクロまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードでのみ設定できます。

レポートで FontBold プロパティを使うには、目的のテキストを印刷する Print イベント プロシージャを最初に作成します。

使うコンピュータおよびプリンタによっては、画面に表示した場合と印刷した場合とでフォントの外観が異なることがあります。

コントロールのプロパティ シートで使用可能な "FontWeight/フォント太さ" プロパティも、コントロールのテキストの文字の太さを設定するために使うことができます。FontBold プロパティではテキスト文字をすばやく太字に設定できるのに対し、"FontWeight/フォント太さ" プロパティでは、テキストの文字の太さを微調整できます。次の表に、この 2 つのプロパティの設定値について、その関係を示します。

条件

結果

FontBold = False

"FontWeight/フォント太さ" = [Normal/普通] (400)

FontBold = True

"FontWeight/フォント太さ" = [Bold/太字] (700)

"FontWeight/フォント太さ" < 700

FontBold = False

"FontWeight/フォント太さ" > = 700

FontBold = True


使用例

次の Print イベント プロシージャでは、レポートの CurrentX プロパティおよび CurrentY プロパティの設定値によって指定された座標位置に、レポートのタイトルと現在の日付を太字で印刷します。

Private Sub ReportHeader0_Print(Cancel As Integer, _
PrintCount As Integer)
Dim MyDate
MyDate = Date
Me.FontBold = True
' レポートのタイトルを太字で印刷します。
Me.Print("Sales Management Report")
Me.Print(MyDate)
End Sub
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×