FilterOn プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

FilterOn プロパティを使用し、フォームまたはレポートの Filter プロパティの適用を指定したり、判断したりできます。ブール型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.FilterOn

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

Microsoft Access プロジェクト (.adp) 内にサーバー フィルターを指定している場合、ServerFilterByForm プロパティを使用します。

FilterOn プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

Visual Basic

説明

はい

True

オブジェクトの Filter プロパティが適用されます。

いいえ

False

(既定) オブジェクトの Filter プロパティは適用されません。


注: レポートの場合、FilterOn プロパティを設定するには、レポートのプロパティ シートまたは Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用します。

フォームの場合、マクロまたは VBA コードを使用することで FilterOn プロパティを設定できます。[データ] タブの [並べ替えと​​フィルター] の下にある [フィルターの切り替え] をクリックする方法でもこのプロパティを設定できます。

保存されているフィルターを適用するには、フォームの [フィルターの切り替え] ボタンを押すか、マクロまたは Visual Basic を使用してフィルターを適用します。フォームまたはレポートの FilterOn プロパティを True に設定します。レポートの場合、レポートのプロパティ シートで FilterOn プロパティを [はい] に設定します。

[フィルターの切り替え] ボタンは、Filter および FilterOn プロパティの状態を示します。適用するフィルターが存在しない場合、ボタンは無効なままです。既存のフィルターが現在適用されている場合、[フィルターの切り替え] ボタンは押された状態で表示されます。フォームまたはレポートを開いたときにフィルターを自動的に適用するには、ApplyFilter アクションを使用するマクロまたは DoCmd オブジェクトの ApplyFilter メソッドを使用するイベント プロシージャで、フォームの OnOpen イベント プロパティ設定で指定します。

フィルターを削除するには、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] で押された状態の [フィルターの切り替え] ボタンをクリックします。あるいは、VBA コードを使用して FilterOn プロパティを False に設定します。レポートの場合、フィルターを削除するには、レポートのプロパティ シートで FilterOn プロパティを [いいえ] に設定します。

注: 新しいオブジェクトが作成されると、そのオブジェクトは作成元のテーブルまたはクエリの RecordSourceFilterServerFilterOrderByOrderByOn プロパティを継承します。フォームおよびレポートの場合、オブジェクトを開いたときに継承されたフィルターが自動的に適用されません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×