Filter プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

Filter プロパティを使用して、フィルタをフォーム、レポート、クエリ、またはテーブルに適用したときに表示されるレコードのサブセットを指定します。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。

expression.Filter

expression 必ず指定します。このトピックの [対象] の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返すオブジェクト式を指定します。

解説

Microsoft Access プロジェクト (.adp) でサーバー上にあるデータにサーバー フィルタを適用するには、"ServerFilter/サーバーフィルタ" プロパティを使用します。

Filterプロパティは、WHERE キーワードなしで WHERE 句で構成されている文字列式です。たとえば、次の Visual Basic for Applications (VBA) コードを定義し、米国からの顧客だけを表示するフィルターを適用します。

Me.Filter = "CountryRegion = 'USA'"
Me.FilterOn = True

このプロパティは、テーブルまたはフォームのプロパティ シート、マクロ、または VBA コードを使って設定できます。

フィルターまたは [選択] をクリックして、フォーム ビュー、レポート ビュー、データシート ビューまたはレイアウト ビューで、このプロパティを設定することも並べ替え & データ] タブで、サブメニューのコマンド] をクリックする 1 つのフィルター処理します。

注: "Filter/フィルタ" プロパティの設定は、ADO の Filter プロパティに影響を与えません。

"Filter/フィルタ" プロパティを使用すると、フィルタを保存し、後でそれを適用することができます。フィルタは、フィルタを作成したオブジェクトと共に保存されます。オブジェクトが開かれると、自動的にフィルタはロードされますが、自動的に適用されるわけではありません。

新しいフォームまたはレポート オブジェクトを作成すると、そのオブジェクトの "RecordSource/レコードソース" プロパティは、基になるテーブルまたはクエリの名前に設定されます。また、新しいオブジェクトには、基になるテーブルまたはクエリの "Filter/フィルタ"、"OrderBy/並べ替え"、および "OrderByOn/並べ替え適用" プロパティの設定が適用されます。

保存したフィルタをフォーム、クエリ、またはテーブルに適用するには、[データ] タブの [並べ替えとフィルタ] の [フィルタの実行] をクリックするか、マクロまたは VBA コードを使用して "FilterOn/フィルタ適用" プロパティを True (-1) に設定します。レポートの場合、レポートのプロパティ シートの "FilterOn/フィルタ適用" プロパティを [Yes/はい] に設定してフィルタを適用することができます。

ツールバーの [フィルタの切り替え] ボタンは、"Filter/フィルタ" および "FilterOn/フィルタ適用" プロパティの状態を示します。適用するフィルタがない場合、このボタンは使用できません。既存のフィルタが現在適用されている場合、[フィルタの切り替え] ボタンは押された状態で表示されます。

フォームを開いたときに、自動的にフィルタを適用するようにするには、"ApplyFilter/フィルタの実行" アクションを使用するマクロ、または DoCmd オブジェクトの ApplyFilter メソッドを使用するイベント プロシージャのいずれかを、フォームの OnOpen イベント プロパティに指定します。

フィルタを削除するには、押された状態の [フィルタの実行] をクリックするか、フィルタが適用されたフィールドのフィルタ アイコンをクリックして […のフィルタをクリア] をクリックするか、または VBA を使用して "FilterOn/フィルタ適用" プロパティを False (0) に設定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×