Filter プロパティ

適用対象

Form オブジェクト

Report オブジェクト

フィルターを、フォーム、レポートクエリまたはテーブルに適用するときに、Filter プロパティを使用して、レポートの一部を指定して表示することができます。文字列型の値の読み取り/書き込みが可能です。

expression.Filter

expression は必須です。「適用対象」の一覧のオブジェクトのうちの 1 つを返す式です。

解説

サーバー上にあるデータについて Microsoft Access プロジェクト (.adp) 内のサーバー フィルターを指定するには、ServerFilter プロパティを使用します。

Filter プロパティは、WHERE 句で構成され、WHERE キーワードを使用しない文字列式です。たとえば、次の Visual Basic for Applications (VBA) コードでは、米国の顧客のみを表示するフィルターを定義し、適用します。

Me.Filter = "CountryRegion = 'USA'"
Me.FilterOn = True

このプロパティを設定するには、テーブルまたはフォームの プロパティ シート、マクロ、または VBA コードを使用します。

フォーム ビュー、レポート ビュー、データシート、ビュー、またはレイアウト ビューでこのプロパティを設定することもできます。設定するには、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] で [フィルター] または [選択] をクリックします。

注: Filter プロパティを設定しても、ADO Filter プロパティに影響はありません。

Filter プロパティを使用してフィルターを保存し、後で適用することができます。フィルターは、作成されたオブジェクトと共に保存されます。オブジェクトを開くと自動的に読み込まれますが、自動的に適用されることはありません。

新しいオブジェクトが作成されると、作成元のテーブルまたはクエリの RecordSourceFilterOrderBy、および OrderByOn プロパティを継承します。

保存されているフィルターをフォーム、クエリ、またはテーブルに適用するには、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] の [フィルターの切り替え] をクリックするか、マクロまたは VBA コードを使用して FilterOn プロパティを True に設定します。レポートの場合、フィルターを適用するには、レポートのプロパティ シートで FilterOn プロパティを Yes に設定します。

[フィルターの切り替え] ボタンは、Filter および FilterOn プロパティの状態を示します。適用するフィルターが存在しない場合、ボタンは無効なままです。既存のフィルターが現在適用されている場合、[フィルターの切り替え] ボタンは押された状態で表示されます。

フォームを開いたときにフィルターを自動的に適用するには、ApplyFilter アクションを使用するマクロまたは DoCmd オブジェクトの ApplyFilter メソッドを使用するイベント プロシージャで、フォームの OnOpen イベント プロパティ設定で指定します。

フィルターを削除するには、押された状態の [フィルターの切り替え] ボタンをクリックし、フィルターされたフィールドを右クリックし、[次のフィルターをクリア] をクリックするか、VBA コードを使用して FilterOn プロパティを False に設定します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×