FileAttr 関数

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

Open ステートメントを使用して開かれたファイルのモードを表す Long データ型の値を返します。

構文

FileAttr ( filenumber , returntype )

FileAttr 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

filenumber

必ず指定します。整数データ型の値を指定します。任意の有効なファイル番号を指定します。

returntype

必ず指定します。整数型 (Integer) の値を指定します。返される情報のタイプを数字で指定します。1 を指定するとファイルのモードを示す値が返されます。16 ビット システムでのみ、2 を指定してオペレーティング システムのファイル ハンドルを取得します。32 ビット システムでは、引数 returntype に 2 を指定できません。指定するとエラーの原因になります。

戻り値

returntype 引数に 1 を指定すると、ファイルのアクセス モードを示す次の戻り値が返されます。

モード

入力

1

出力

2

ランダム

4

追加

8

バイナリ

32

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、FileAttr 関数を使用して、開いているファイルのファイル モードおよびファイル ハンドルを返します。ファイル ハンドルは、16 ビット システムでのみ返されます。32 ビット システムでは、2 番目の引数として 2 を渡すとエラーが発生します。

Dim FileNum, Mode, Handle
FileNum = 1 ' Assign file number.
Open "TESTFILE" For Append As FileNum ' Open file.
Mode = FileAttr(FileNum, 1) ' Returns 8 (Append file mode).
Handle = FileAttr(FileNum, 2) ' Returns file handle.
Close FileNum ' Close file.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×