FV 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

定額の支払いを定期的に行い、利率が一定であると仮定して、投資の将来価値を返します。

書式

FV(利率, 期間, 定額支払額, 現在価値, 支払期日)

FV 関数の引数および財務関数の詳細については、PV 関数を参照してください。

利率        投資の利率を指定します。

期間        投資期間全体での支払い回数の合計を指定します。

定期支払額        毎回の支払額を指定します。投資期間内に支払額を変更することはできません。通常、定期支払額には元金と利息が含まれますが、その他の手数料や税金は含まれません。定期支払額を省略した場合は、現在価値を必ず指定してください。

現在価値        現在の投資額、または、将来行われる一連の支払いを現時点で一括払いした場合の合計金額を指定します。現在価値を省略した場合は 0 (ゼロ) を指定したと見なされ、定期支払額を指定する必要があります。

支払期日        支払いがいつ行われるかを、数値の 0 または 1 で指定します。支払期日を省略すると、0 を指定したと見なされます。

設定します。 入力する

支払いが行われる時期

0

各期の期末

1

各期の期首

解説

  • 利率と期間を指定するときは、時間的な単位を一致させる必要があります。たとえば、年利 12% の 4 年ローンを月払いで返済する場合、利率には 12%/12 = 1 (%) を、また期間には 4*12 = 48 (月) を指定します。また、これと同じローンを年払いで返済する場合は、利率に 12 (%)、期間に 4 (年) を指定します。

  • すべての引数に関して、定額預金の支払いのような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。

使用例 1

次の例で年利を 12 で除算するのは、月複利で計算を行うためです。

利率

期間

定期支払額

現在価値

支払期日

数式

説明 (計算結果)

6%

10

-200

-500

1

=FV(利率/12, 期間, 定額支払額, 現在価値, 支払期日)

指定された引数で投資の将来価値を求めます (2581.40)

使用例 2

次の例で年利を 12 で除算するのは、月複利で計算を行うためです。

利率

期間

定期支払額

数式

説明 (計算結果)

12%

12

-1000

=FV([利率]/12, [期間], [定額支払額])

指定した引数で投資の将来価値を求めます (12,682.50)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×