FORMULATEXT 関数

ここでは、Microsoft Excel の FORMULATEXT 関数の書式および使用法について説明します。

説明

数式を文字列として返します。

書式

FORMULATEXT(参照)

FORMULATEXT 関数の書式には、次の引数があります。

  • 参照   必ず指定します。セルまたはセル範囲を参照します。

解説

  • 参照されているセルを選択すると、数式バーに表示されている内容が返されます。

  • 対象範囲は、別のワークシートやブックに指定することができます。

  • 対象範囲が別のブックにあり、そのブックが開いていない場合は、エラー値 #N/A が返されます。

  • 対象範囲が行全体や列全体、または 1 つ以上のセルを含む範囲または定義名である場合、行、列、または範囲の左上隅のセルの値が返されます。

  • 次のような場合は、エラー値 #N/A が返されます。

    • 対象範囲として使用されるセルに数式が含まれていない場合。

    • セル内の数式が 8,192 文字を超えている場合。

    • ワークシート保護などのために、数式がワークシートに表示されない場合。

    • 数式が含まれている外部のブックが Excel で開かれていない場合。

  • 入力として無効なデータ型を使用すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 関数を引数として入力しているセルへの参照を入力すると、循環参照に関する警告は発生しません。 処理が成功した場合、数式は文字列してセルに返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=TODAY()

C2 の数式を使用すると、セル A2 の数式がテキスト文字列として返されるため、その構成を容易に確認できます。 A2 に入力されている数式は、A2 に現在の曜日を返す =TODAY() です。 C2 には、この数式 =TODAY() がテキストとして表示されます。

=FORMULATEXT(A2)

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×