FORECAST.LINEAR 関数

既存の値を使用して将来の値を計算または予測します。 予測する値は、指定した x の値に対する y の値です。 既存の x と既存の y から得られる回帰直線上で、x の値に対する従属変数 (y) の値を予測します。 この関数を使うと、将来の売上高、商品在庫量、消費動向などを予測できます。

構文

FORECAST.LINEAR(x, 既知の y, 既知の x)

FORECAST.LINEAR 関数の書式には、次の引数があります。

  • X    必ず指定します。 予測する従属変数の値に対する独立変数の値を、数値で示します。

  • 既知の y    必ず指定します。 既知の従属変数の値が入力されているセル範囲または配列を指定します。

  • 既知の x    必ず指定します。 既知の独立変数の値が入力されているセル範囲または配列を指定します。

関連項目

Forecasting 関数 (リファレンス)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×