FINV 関数

(右側) F 分布の確率関数の逆関数値を返します。 確率 = FDIST(x,...) であるとき、FINV(確率,...) = x という関係が成り立ちます。

F 確率分布は、2 組のデータのばらつきを比較する F 検定で使用されます。 たとえば、米国と日本の労働者の年収を比較し、両国で年収の分布に類似性があるかどうかを分析することができます。

重要: この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい 1 つ以上の関数で置き換えられました。この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excel の将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

新しい関数の詳細については、「F.INV 関数」および「F.INV.RT 関数」を参照してください。

書式

FINV(確率,自由度 1,自由度 2)

FINV 関数の書式には、次の引数があります。

  • 確率    必ず指定します。 F 累積分布における確率を指定します。

  • 自由度 1    必ず指定します。 自由度の分子を指定します。

  • 自由度 2    必ず指定します。 自由度の分母を指定します。

解説

  • 引数に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 確率 < 0、または確率 > 1 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度 1 または自由度 2 に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度 1 < 1 または自由度 1 >= 10^10 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 自由度 2 < 1 または自由度 2 >= 10^10 の場合、エラー値 #NUM! が返されます。

FINV 関数を使用して、F 確率分布の境界値を計算することができます。 たとえば、ANOVA 関数の戻り値には、F 統計量、F 確率、および有効桁数のレベルが 0.05 である F 境界値に対するデータが含まれることがよくあります。 F の境界値を求めるには、FINV 関数の確率引数に有効桁数のレベルを指定するようにします。

確率の値が指定されると、FDIST(x, 自由度 1, 自由度 2) = 確率となるような値 x がシークされます。 したがって、FINV 関数の精度は FDIST 関数の精度に依存します。 FINV 関数では、反復計算の手法が利用されます。 100 回反復計算を繰り返しても計算結果が収束しない場合、エラー値 #N/A が返されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

説明

0.01

F 累積分布に関連する確率

6

自由度の分子

4

自由度の分母

数式

説明

結果

=FINV(A2,A3,A4)

上のデータに対応する F 分布の確率関数の逆関数の値を求めます

15.206865

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×