FAQ: リソース予約は、以前のリソース計画の代わりとなるものです

FAQ: リソース予約は、以前のリソース計画の代わりとなるものです

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リソース予約は Project Online の新機能ですが、以前のリソース計画はどうなるでしょうか? ここでは、この新機能の概要と、以前のリソース計画がリソース予約にどのように変換されるかについて説明します。

この新しいリソース予約機能に関する情報を聞きました。 入手方法を教えてください。

この新機能は 2015 年 9 月 22 日に公開予定です。公開後は Project Online 管理者が必要に応じてこの新機能を有効にすることができます。 このプロセスは段階的に実行されるため、すべてのユーザーに対して公開されるには、もう少し時間がかかる可能性があります。 これはサイトレベルのアクティブ化です。 管理者がこの機能をアクティブにすると、そのサイトのユーザー全員に対して新しい [リソース要求] ページが表示され、要求の作成と管理ができるようになります。

テナントでこの機能を使用可能にした後に新しい Project Online サイトを作成した場合は、管理者が新しいインスタンス用にこの機能をアクティブにする必要があります。

Project Online 管理者は、この機能をまずスペアの Project Web App (PWA) インスタンスで有効にして、操作に慣れてからメインの PWA インスタンスで有効にすることをお勧めします。

この機能をサイトでアクティブ化すると、非アクティブ化することはできないので注意してください。 これは一方向の操作です。

Project Online 管理者がこの機能を有効にするのに、どのくらいの時間がかかりますか?

2016 年 4 月 4 日以降で作成された新しい PWA サイトでのリソース契約の機能は既にに表示、ライセンス認証を行う必要はありません。

2016 年 4 月 4 日より前に作成 PWA サイトについては、Project Online の管理者は、任意の時点での取り組みをオンにする選択できます。2016 年 9 月 22 日で機能が自動的にアクティブ化不要になったされます。

新しいリソース予約機能は楽しみですが、以前のリソース計画はどうなるでしょうか?

この新機能が有効になれば、以前に公開したリソース計画をリソース予約に変換できます。 この機能がアクティブになったら、Microsoft は以前に公開したリソース計画の移行を開始する予定です。 この機能をアクティブにする前に、次の手順に従うことをお勧めします。

  • 既存のリソース計画に、時間単位のリソース データがあるのを確認する。

  • 既存のリソース計画を再発行する。

予約は時間ベースであるため、リソース計画に (リソースしかなく) 時間配分情報が含まれていない場合は、予約は作成されません。 必要なデータがすべて揃っていれば、リソース計画を予約に変換できるように、Microsoft が最大限の努力を行います。 アクティブ化が完了すると、以前のリソース計画にはアクセスできなくなりますが、置き換え用の新しい予約の作成を開始できます。

公開済みのすべてのリソース計画について、その一部のデータを使用して新しい予約を作成します。 状態はリソース計画と同じであり、時間配分データはすべて移行されます。

この機能がアクティブになると、以前のリソース計画の UI にはアクセスできなくなり、ページは使用できなくなります。

リソース計画が予約に移行できたことを確認する方法を教えてください。

Project Online 管理者がリソース予約機能をアクティブにすると、[その他のサーバー設定] セクションに進捗状況が表示されます。

Project Online: [その他のサーバー設定] ダイアログにリソース計画データの移行の進捗状況が表示されます

移行が完了すると、[新しいリソース管理機能を利用できます] セクションが表示されなくなります。 これで、[リソース要求] ページを開いて、以前のリソース計画に基づいて新しく作成した予約を確認できるようになりました。

リソース計画が含まれる既存のレポートはどうなりますか?

既存のレポートにはデータが表示されなくなります。これは、レポート データベースから以前のリソース計画が削除されるためです。 予約データを使用して、新しいレポートを自由に作成できます。 OData を使用して、予約に関する新しいレポートの作成機能が追加されています。

ポートフォリオ分析についてはどうなりますか? 自分の所属組織は、リソース計画を使用してリソースのモデリングを行ってきました。

ポートフォリオ分析には、リソース計画データではなく予約データが含まれるようになります。 分析実行時には、以前のリソース計画の処理方法と同様に、提案およびコミット済みの予約を含めることも、コミット済みの予約のみを含めることもできます。

拡張性について教えてください。 予約の API にアクセスすることはできますか?

現時点ではできません。 Microsoft では、これらの機能に対応できるように努力していますが、最初のリリースでは提供されません。

Project Server ユーザーは、この機能をいつ使用できるようになりますか?

Project Server の次回のリリースでは、これらの機能をすべて利用できるようになります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×