Express-G 表記法のエンティティ レベル図とスキーマ レベル図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

例を表示します。

Express-G エンティティ レベルおよびスキーマ レベル図

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアおよびデータベース] をポイントして [Express-G] をクリックします。

  2. [Express-G] から図面ページに [エンティティ] 図形またはデータを表す図形 ([Base types]、[Enumerated type]、[Defined type]、または [Select type]) をドラッグします。

    注: 必要に応じて名前またはデータ型を変更するには、図形を右クリックして、[エンティティ名の設定] または [データ型の設定] をクリックします。

  3. [USED entity] または [REFERENCED entity] 図形を図面ページにドラッグして、スキーマ間の参照を作成します。

    注: 必要に応じてスキーマの詳細を変更するには、図形を右クリックして、[スキーマの詳細の設定] をクリックします。

  4. エンティティ、データ、ページ参照、その他の Express-G 図形の関係を示すには、[Cardinality]、[Inverse cardinality]、[Normal r'ship]、[Subtype/ supertype] のいずれかのコネクタを使用して図形を接続します。

  5. [Boundary] 図形を使用して境界を示し、[Schema] 図形を使用してスキーマを示します。

注: エンティティおよびデータ図形を 1 つのレイヤに割り当て、関係図形を別のレイヤに割り当てると、関係を付加して、または付加せずにエンティティおよび関係図形を表示または印刷できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×