Exp 関数

e (自然対数の底) をべき乗して倍精度浮動小数点数型 (Double) で返します。

構文

Exp( number )

必須の number引数は、Double または有効な数値式です。

解説

number の値が 709.782712893 を超えると、エラーが発生します。 定数e は約 2.718282 です。

注: Exp 関数は Log 関数の処理を補完し、真数と呼ばれることがあります。

クエリの例

結果

Exp BY Exp (2) で Expr1 として Exp (2) を選択します。

"E (2.718282)" のべき乗を "2" に指定した値を返し、結果を列 Expr1 に表示します。

ProductSales から Exp 値として Exp (数量) を選択します。

"E (2.718282)" (列 "quantity" のデータ値のべき乗) を指定する値を返します。 "E (2.718282)" という列のデータ値のべき乗を指定し、その結果を "額面 Value" 列に表示する値を返します。

VBA の例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Exp 関数を使って e のべき乗を返します。

Dim MyAngle, MyHSin
' Define angle in radians.
MyAngle = 1.3
' Calculate hyperbolic sine.
MyHSin = (Exp(MyAngle) - Exp(-1 * MyAngle)) / 2

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×