Exchange Online のパフォーマンスの調整

この記事には、一般的なヒントと Exchange Online のパフォーマンスを向上させる方法に関するその他のリソースへのリンクが含まれています。

この記事は、Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンスのチューニング プロジェクトの一部です。

Exchange Online のパフォーマンスを改善するための考慮事項

移行の速度を改善し、Exchange Online の組織の帯域幅の制約を減らすには、次のことを検討してください。

  • メールボックス サイズを縮小する   。 メールボックス サイズが小さいほど、移行時間が短縮されます。

  • Exchange のハイブリッド展開でメールボックス移動機能を使用する。   Exchange のハイブリッド展開では、Exchange Online に移行するときに、オフライン メール (.OST ファイル形式) を再ダウンロードする必要がありません。 これにより、ダウンロード帯域幅要件が大幅に軽減します。

  • インターネット トラフィックとオンプレミス Exchange の使用頻度が低い時間帯にメールボックス移行が実行されるようにスケジュールする。    移行をスケジュールする場合、移行要求はメールボックス レプリケーション プロキシに送信された後、すぐには処理されない可能性があります。

  • Outlook on the web のリーン ポップアウトを使用する   リーン ポップアウトは、サーバー上で一部のコンポーネントをレンダリングすることにより、Microsoft Edge または Internet Explorer で特定のメール メッセージのより小さく、メモリの消費量の少ないバージョンを提供します。詳細については、「リーン ポップアウトを使用してメール メッセージを読むときに使用されるメモリを削減する」を参照してください。

Exchange 移行のパフォーマンスの詳細については、「Office 365 移行のパフォーマンスとベスト プラクティス」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×