Exchange 2007 のメールボックスをメールが有効なユーザーに変換する

段階的な移行を完了したら、メールボックスがクラウド メールボックスに自動的に接続されるように、メールボックスをメールが有効なユーザーに変換します。

メールボックスをメールが有効なユーザーに変換する理由

Exchange の段階的な移行を完了して組織の Exchange 2007 オンプレミス メールボックスを Office 365 に移行し、オンプレミス組織から (Active Directory を使用して) クラウドベースのユーザーを管理する場合、オンプレミス メールボックスをメールが有効なユーザー (MEU) に変換する必要があります。それはなぜでしょうか。Exchange の段階的な移行でメールボックスをクラウドに移行すると、2 つのことが起こります。

  • ユーザーは、オンプレミス メールボックスとクラウド メールボックスを持ちます。

  • ユーザーのオンプレミス メールボックスに送信されたメールは、そのユーザーのクラウド メールボックスに転送されます。この処理は、移行プロセス中に、オンプレミス メールボックスの TargetAddress プロパティにクラウド メールボックスのリモート ルーティング アドレスが設定されるため実行されます。つまり、ユーザーが自分のメールにアクセスするには、クラウド メールボックスに接続する必要があります。

この動作によって、次の 2 つの問題が起こります。

  • あるユーザーが Microsoft Outlook を使用してメールボックスを開いている場合でも、自動検出サービスによって、オンプレミス メールボックスへの接続が試行されるので、ユーザーはクラウド メールボックスに接続できません。クラウドに移行されていないユーザーがいる場合、すべてのユーザーが移行されるまで、自動検出の CNAME レコードをクラウドに示すことができません。

  • すべてのオンプレミス メールボックスをクラウドに移行した後に組織が Exchange の使用を停止した場合、クラウド メールボックスにあるメッセージング関連のユーザー情報は失われます。Microsoft Online Services ディレクトリ同期ツール (Azure Active Directory 同期ツール) は、クラウド メールボックス オブジェクトからデータ (プロキシ アドレスなど) を削除します。これは、オンプレミス メールボックスが存在せず、Azure Active Directory 同期ツールは対応するクラウド メールボックスとマッチングできないためです。

解決策は、ユーザーのメールボックスがクラウドに移行された後に、オンプレミス メールボックスをオンプレミス組織のメールが有効なユーザー (MEU) に変換することです。オンプレミス メールボックスを MEU に変換する場合:

  • クラウドベースのメールボックスのプロキシ アドレスは新しい MEU にコピーされます。Exchange の使用を停止しても、それらのプロキシ アドレスは Active Directory に残ります。

  • MEU のプロパティによって、Azure Active Directory 同期ツールは MEU と対応するクラウド メールボックスをマッチングすることができます。

  • ユーザーが新しい Outlook プロファイルを作成すると、自動検出サービスは、MEU を使用して Outlook をクラウド メールボックスに接続します。

MEU を作成する PowerShell スクリプト

次のスクリプトを使用して、クラウドベースのメールボックスに関する情報を収集し、Exchange 2007 メールボックスを MEU に変換することができます。

次のスクリプトは、クラウド メールボックスの情報を収集し、CSV ファイルに保存します。このスクリプトを最初に実行します。

次のスクリプトをコピーし、ExportO365UserInfo.ps1 という名前で保存します。

Param($migrationCSVFileName = "migration.csv")
function O365Logon
{
#Check for current open O365 sessions and allow the admin to either use the existing session or create a new one
$session = Get-PSSession | ?{$_.ConfigurationName -eq 'Microsoft.Exchange'}
if($session -ne $null)
{
$a = Read-Host "An open session to Office 365 already exists. Do you want to use this session? Enter y to use the open session, anything else to close and open a fresh session."
if($a.ToLower() -eq 'y')
{
Write-Host "Using existing Office 365 Powershell Session." -ForeGroundColor Green
return
}
$session | Remove-PSSession
}
Write-Host "Please enter your Office 365 credentials" -ForeGroundColor Green
$cred = Get-Credential
$s = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell -Credential $cred -Authentication Basic -AllowRedirection
$importresults = Import-PSSession -Prefix "Cloud" $s
}
function Main
{
#Verify the migration CSV file exists
if(!(Test-Path $migrationCSVFileName))
{
Write-Host "File $migrationCSVFileName does not exist." -ForegroundColor Red
Exit
}
#Import user list from migration.csv file
$MigrationCSV = Import-Csv $migrationCSVFileName
#Get mailbox list based on email addresses from CSV file
$MailBoxList = $MigrationCSV | %{$_.EmailAddress} | Get-CloudMailbox
$Users = @()
#Get LegacyDN, Tenant, and On-Premise Email addresses for the users
foreach($user in $MailBoxList)
{
$UserInfo = New-Object System.Object
$CloudEmailAddress = $user.EmailAddresses | ?{($_ -match 'onmicrosoft') -and ($_ -cmatch 'smtp:')}
if ($CloudEmailAddress.Count -gt 1)
{
$CloudEmailAddress = $CloudEmailAddress[0].ToString().ToLower().Replace('smtp:', '')
Write-Host "$user returned more than one cloud email address. Using $CloudEmailAddress" -ForegroundColor Yellow
}
else
{
$CloudEmailAddress = $CloudEmailAddress.ToString().ToLower().Replace('smtp:', '')
}
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name LegacyExchangeDN -Value $user.LegacyExchangeDN
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name CloudEmailAddress -Value $CloudEmailAddress
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name OnPremiseEmailAddress -Value $user.PrimarySMTPAddress.ToString()
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name MailboxGUID -Value $user.ExchangeGUID
$Users += $UserInfo
}
#Check for existing csv file and overwrite if needed
if(Test-Path ".\cloud.csv")
{
$delete = Read-Host "The file cloud.csv already exists in the current directory. Do you want to delete it? Enter y to delete, anything else to exit this script."
if($delete.ToString().ToLower() -eq 'y')
{
Write-Host "Deleting existing cloud.csv file" -ForeGroundColor Red
Remove-Item ".\cloud.csv"
}
else
{
Write-Host "Will NOT delete current cloud.csv file. Exiting script." -ForeGroundColor Green
Exit
}
}
$Users | Export-CSV -Path ".\cloud.csv" -notype
(Get-Content ".\cloud.csv") | %{$_ -replace '"', ''} | Set-Content ".\cloud.csv" -Encoding Unicode
Write-Host "CSV File Successfully Exported to cloud.csv" -ForeGroundColor Green
}
O365Logon
Main

次のスクリプトは、オンプレミス Exchange 2007 メールボックスを MEU に変換します。クラウド メールボックスの情報を収集するスクリプトを実行してから、このスクリプトを実行してください。

次のスクリプトを .txt ファイルにコピーして保存し、Exchange2007MBtoMEU.ps1 というファイル名で保存します。

param($DomainController = [String]::Empty)
function Main
{
#Script Logic flow
#1. Pull User Info from cloud.csv file in the current directory
#2. Lookup AD Info (DN, mail, proxyAddresses, and legacyExchangeDN) using the SMTP address from the CSV file
#3. Save existing proxyAddresses
#4. Add existing legacyExchangeDN's to proxyAddresses
#5. Delete Mailbox
#6. Mail-Enable the user using the cloud email address as the targetAddress
#7. Disable RUS processing
#8. Add proxyAddresses and mail attribute back to the object
#9. Add msExchMailboxGUID from cloud.csv to the user object (for offboarding support)
if($DomainController -eq [String]::Empty)
{
Write-Host "You must supply a value for the -DomainController switch" -ForegroundColor Red
Exit
}
$CSVInfo = Import-Csv ".\cloud.csv"
foreach($User in $CSVInfo)
{ Write-Host "Processing user" $User.OnPremiseEmailAddress -ForegroundColor Green
Write-Host "Calling LookupADInformationFromSMTPAddress" -ForegroundColor Green
$UserInfo = LookupADInformationFromSMTPAddress($User)
#Check existing proxies for On-Premise and Cloud Legacy DN's as x500 proxies. If not present add them.
$CloudLegacyDNPresent = $false
$LegacyDNPresent = $false
foreach($Proxy in $UserInfo.ProxyAddresses)
{
if(("x500:$UserInfo.CloudLegacyDN") -ieq $Proxy)
{
$CloudLegacyDNPresent = $true
}
if(("x500:$UserInfo.LegacyDN") -ieq $Proxy)
{
$LegacyDNPresent = $true
}
}
if(-not $CloudLegacyDNPresent)
{
$X500Proxy = "x500:" + $UserInfo.CloudLegacyDN
Write-Host "Adding $X500Proxy to EmailAddresses" -ForegroundColor Green
$UserInfo.ProxyAddresses += $X500Proxy
}
if(-not $LegacyDNPresent)
{
$X500Proxy = "x500:" + $UserInfo.LegacyDN
Write-Host "Adding $X500Proxy to EmailAddresses" -ForegroundColor Green
$UserInfo.ProxyAddresses += $X500Proxy
}
#Disable Mailbox
Write-Host "Disabling Mailbox" -ForegroundColor Green
Disable-Mailbox -Identity $UserInfo.OnPremiseEmailAddress -DomainController $DomainController -Confirm:$false
#Mail Enable
Write-Host "Enabling Mailbox" -ForegroundColor Green
Enable-MailUser -Identity $UserInfo.Identity -ExternalEmailAddress $UserInfo.CloudEmailAddress -DomainController $DomainController
#Disable RUS
Write-Host "Disabling RUS" -ForegroundColor Green
Set-MailUser -Identity $UserInfo.Identity -EmailAddressPolicyEnabled $false -DomainController $DomainController
#Add Proxies and Mail
Write-Host "Adding EmailAddresses and WindowsEmailAddress" -ForegroundColor Green
Set-MailUser -Identity $UserInfo.Identity -EmailAddresses $UserInfo.ProxyAddresses -WindowsEmailAddress $UserInfo.Mail -DomainController $DomainController
#Set Mailbox GUID. Need to do this via S.DS as Set-MailUser doesn't expose this property.
$ADPath = "LDAP://" + $DomainController + "/" + $UserInfo.DistinguishedName
$ADUser = New-Object -TypeName System.DirectoryServices.DirectoryEntry -ArgumentList $ADPath
$MailboxGUID = New-Object -TypeName System.Guid -ArgumentList $UserInfo.MailboxGUID
[Void]$ADUser.psbase.invokeset('msExchMailboxGUID',$MailboxGUID.ToByteArray())
Write-Host "Setting Mailbox GUID" $UserInfo.MailboxGUID -ForegroundColor Green
$ADUser.psbase.CommitChanges()
Write-Host "Migration Complete for" $UserInfo.OnPremiseEmailAddress -ForegroundColor Green
Write-Host ""
Write-Host ""
}
}
function LookupADInformationFromSMTPAddress($CSV)
{
$Mailbox = Get-Mailbox $CSV.OnPremiseEmailAddress -ErrorAction SilentlyContinue
if($Mailbox -eq $null)
{
Write-Host "Get-Mailbox failed for" $CSV.OnPremiseEmailAddress -ForegroundColor Red
continue
}
$UserInfo = New-Object System.Object
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name OnPremiseEmailAddress -Value $CSV.OnPremiseEmailAddress
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name CloudEmailAddress -Value $CSV.CloudEmailAddress
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name CloudLegacyDN -Value $CSV.LegacyExchangeDN
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name LegacyDN -Value $Mailbox.LegacyExchangeDN
$ProxyAddresses = @()
foreach($Address in $Mailbox.EmailAddresses)
{
$ProxyAddresses += $Address
}
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name ProxyAddresses -Value $ProxyAddresses
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name Mail -Value $Mailbox.WindowsEmailAddress
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name MailboxGUID -Value $CSV.MailboxGUID
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name Identity -Value $Mailbox.Identity
$UserInfo | Add-Member -Type NoteProperty -Name DistinguishedName -Value (Get-User $Mailbox.Identity).DistinguishedName
$UserInfo
}
Main

オンプレミス メールボックスを MEU に変換するセットアップ手順

次の手順でプロセスを完了します。

  1. ExportO365UserInfo.ps1、Exchange2007MBtoMEU.ps1、移行バッチの実行に使用した CSV ファイルを、オンプレミス サーバーの同じディレクトリにコピーします。

  2. 移行の CSV ファイル名を migration.csv に変更します。

  3. Exchange 管理シェルで、次のコマンドを実行します。次のスクリプトは、CSV ファイルが同じディレクトリにあり、migration.csv という名前であることを前提としています。

    .\ExportO365UserInfo.ps1

    既存のセッションを使用するか、新しいセッションを開くかを確認するメッセージが表示されます。

  4. n」と入力し、Enter キーを押して新しいセッションを開きます。

    スクリプトを実行すると、現在の作業ディレクトリに Cloud.csv ファイルが保存されます。

  5. クラウドベースの組織の管理者の資格情報を入力し、[OK] をクリックします。

  6. 新しい Exchange 管理シェル セッションで次のコマンドを実行します。このコマンドは、ExportO365UserInfo.ps1 と Cloud.csv が同じディレクトリにあることを前提としています。

    .\Exchange2007MBtoMEU.ps1 <FQDN of on-premises domain controller>

    次に例を示します。

    .\Exchange2007MBtoMEU.ps1 DC1.contoso.com

    スクリプトによって、Cloud.csv に含まれているすべてのユーザーのオンプレミス メールボックスが MEU に変換されます。

  7. 新しい MEU が作成されたことを確認します。Active Directory ユーザーとコンピューターで、次の操作を行います。

    1. [アクション]、[検索] の順にクリックします。

    2. [Exchange] タブをクリックします。

    3. [Exchange 受信者のみを表示する] を選び、[外部メール アドレスを持つユーザー] を選びます。

    4. [検索開始] をクリックします。

    MEU に変換されたメールボックスの一覧が [検索結果] に表示されます。

  8. Active Directory ユーザーとコンピューター、ADSI エディター、または Ldp.exe を使用して、次の MEU プロパティに適切な情報が設定されていることを確認します。

    • legacyExchangeDN

    • mail

    • msExchMailboxGuid

    • proxyAddresses

    • targetAddress

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×