スキップしてメイン コンテンツへ

Excel for web でサポートされていない機能が含まれるブックを編集する

Microsoft Web 用 Excelでブックを開こうとすると、 Web 用 Excelでサポートされていない機能がブックに含まれていることを示すエラーメッセージが表示されることがあります。 サポートされていない機能とは、ブックを編集用に開いたり、場合によってはブラウザーで表示したりできないようにするブック内のコンテンツや機能のことです。 この記事では、ブック内のサポートされていない機能の性質に応じて、ブックを編集する手順について説明します。

Web 用 Excelでの機能のサポートについて詳しくは、「ブラウザーと Excel でのブックの使用の相違点」をご覧ください。

この記事の内容

ブックを表示できるが、サポートされていない機能は表示されない

ブックを Excel Online でまったく開くことができなくなるような機能がブックに含まれている

XML マップの削除

Excel でブックを開こうとするとエラー メッセージが表示される

ブックを表示できるが、サポートされていない機能は表示されない

ブックにコメント、図形、インクなどのオブジェクトが含まれている場合、ブック内のデータは表示できますが、これらのオブジェクトはブラウザーで表示できません。 さらに、外部データ ソース (クエリ テーブル) にリンクされたテーブルがブックに含まれている場合、ブックにはリアルタイムにデータが表示されるのではなく、最後に Excel デスクトップ アプリケーションに保存されたデータが表示されます。

このようなブックを Web 用 Excelで表示すると、ブックをブラウザーで完全に表示できないことを知らせるメッセージが表示されます。

ブックを編集しようとすると、ブックをブラウザーで編集できないことを知らせるメッセージが表示されます。 メッセージには、ブックのコピーを作成する方法が簡単に表示されます。 コピーからサポートされていない機能が削除され、コピーをブラウザーで編集できるようになります。

「コピーして編集」メッセージ

ブラウザーで編集するために、ブックの機能を削除してもかまわない場合は、続行してコピーを作成します。 ブックのコピーを使用しない場合でも、 Web 用 Excel を使ってブックの中央のコピーを保存して表示することができます。また、 Web 用 Excel の [ Excel で開く] コマンドを使用して、ブックを編集することもできます。

以下の手順を実行します。

Web 用 Excelでブックを編集できるようにする場合は、次の操作を行います。

  1. メッセージで、[コピーして編集] をクリックします。

  2. 候補とし Web 用 Excel て表示された新しい名前をそのまま使用するか、別の名前を入力して、[保存] をクリックします。

    注意: 元の名前と同じ名前を入力して [既存のファイルを置き換える] チェック ボックスをオンにした場合、[保存] をクリックするとブックの元のコピーが失われます。

  3. ブラウザーでブックの新しいコピーを編集します。 元のコピーは一切変更されません。

コピーを作成せず、Excel デスクトップ アプリケーションでブックを編集する場合は、次の操作を行います。

  1. メッセージで、[キャンセル] をクリックします。

  2. Web 用 Excelで、[ブックの編集] をクリックし、[ Excel で編集] をクリックします。

  3. Excel デスクトップ アプリケーションでブックを編集します。 Excel で [保存] をクリックすると、ブックを開いた Web サイトでブックが自動的に保存されます。

    注: [Excel で編集] をクリックした後、サポートされるブラウザーまたは適切なバージョンの Excel がないことを通知するメッセージが表示された場合は、後述の「Excel でブックを開こうとするとエラー メッセージが表示される」を参照してください。

ページの先頭へ

ブックには、 Web 用 Excelでまったく開くことができないようにする機能が含まれています。

VBA プロジェクト (マクロ) やXML マップなどの一部の機能では、 Web 用 Excelでブックを開くことができません。

このようなブックを Web 用 Excelで表示または編集しようとすると、ブックをブラウザーで開くことができないことを示すメッセージが表示されます。

ブックを編集するアクセス許可がある場合は、Excel デスクトップ アプリケーションでブックを開くことができます。 メッセージで、[Excel で開く] をクリックします。

サポートされるブラウザーまたは適切なバージョンの Excel がないことを示す別のメッセージが表示された場合は、後述の「Excel でブックを開こうとするとエラー メッセージが表示される」を参照してください。

ページの先頭へ

XML マップの削除

ブラウザで XML の対応付けを開くことができるように、xml のコマンドを見つけるための鍵。 次の手順どおりに行います。

  1. デスクトップ バージョンの Excel で XML マップが含まれるファイルを開きます。

  2. クイック アクセス ツール バーの端で、ドロップダウンの矢印をクリックまたはタップして、[その他のコマンド] を選びます。

    [クイック アクセス ツール バーのユーザー設定] ドロップダウンを使って、リボンにまだないコマンドを取得します。
  3. [コマンドの選択] ボックスで、[すべてのコマンド] を選びます。 スクロール ダウンして、[XML] を選び、[追加]、[OK] の順にクリックまたはタップします。

    コマンドの一覧で、[XML] を選び、[追加] をクリックします。
  4. クイック アクセス ツール バーで、[XML]、[ソース] の順にクリックまたはタップして、[XML ソース] 作業ウィンドウを開きます。

    クイック アクセス ツール バーで [XML] をクリックする
  5. [XML ソース] 作業ウィンドウで、[XML マップ] をクリックまたはタップします。 XML マップ名を選んで、[削除] をクリックまたはタップします。

ページの先頭へ

Excel でブックを開こうとするとエラー メッセージが表示される

Web 用 Excelの [ Excel で編集] をクリックすると、サポートされているブラウザーまたは適切なバージョンの excel がインストールされていないというメッセージが表示されることがあります。 その場合、次の操作を行います。

  • Office Excel 2003 以降 (Windows) を使用するか、Excel for Mac 2008 Version 12.2.9 以降 (Mac) を使用します。

    • Windows: Excel 2003 を使用している場合、最新の Service Pack をインストールします。 使用している Excel のバージョンが 2003 より前の場合や、Excel がない場合は、メッセージが表示されたら、最新の試用版をダウンロードします。

    • Mac: 使用している Excel for Mac 2008 のバージョンが12.2.9 以降より前の場合、または Excel for mac を使用していない場合は、 Office For mac の試用版をダウンロードしてください。

  • Firefox、Internet Explorer (Windows)、または Safari (Mac) を使用します。 Internet Explorer を使用している場合は、ActiveX コントロールの実行を許可します。

[Excel で編集] コマンドを使用する場合の要件の詳細を参照してください。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×