Excel for iPad で外付けキーボードを使う

iPad で外付けキーボードを使うと、Mac や Windows コンピューターの Excel で使い慣れたキーボード ショートカットを利用することができます。たとえば、Windows コンピューターでは、Ctrl + V を押して Office ブック内にテキストを貼り付けますが、iPad では apple コマンド記号 + V を押します。この記事に記載されているショートカットは、このバージョンの Excel でのみ使うことができます。

ワークシートを移動する

目的

キー

右へ 1 セル分移動する。

Tab

上下左右のセルに移動する

方向キー

セルを操作する

目的

キー

右のセルに移動する

Tab

セルのテキスト内を移動する

方向キー

コピーする

apple コマンド記号 + C

貼り付ける

apple コマンド記号 + V

切り取る

apple コマンド記号 + X

元に戻す

apple コマンド記号 + Z

やり直す

apple コマンド記号 + Y または apple コマンド記号 + Shift + Z

太字にする

apple コマンド記号 + B

斜体にする

apple コマンド記号 + I

下線を付ける

apple コマンド記号 + U

すべてを選ぶ

apple コマンド記号 + A

セルの範囲を選ぶ

Shift + ←/→

セル内に改行を挿入する

Alt + Return

カーソルをセル内の現在の行の先頭に移動する

apple コマンド記号 + ←

カーソルをセル内の現在の行の末尾に移動する

apple コマンド記号 + →

カーソルを現在のセルの先頭に移動する

apple コマンド記号 + ↑

カーソルを現在のセルの末尾に移動する

apple コマンド記号 + ↓

改行が含まれるセル内で、カーソルを 1 段落上に移動する

Option + ↑

改行が含まれるセル内で、カーソルを 1 段落下に移動する

Option + ↓

カーソルを右に 1 単語移動する

Option + →

カーソルを左に 1 単語移動する

Option + ←

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×