Excel for Android で TalkBack の使用を開始する

Excel for Android で TalkBack の使用を開始する

Excel for Android は、Android フォンおよびタブレットの組み込みスクリーン リーダーである TalkBack と連携します。この記事では、Excel を開き、TalkBack を使ってアカウントにサインインする方法を説明します。

Notes: 

  • New Office 365 features are released gradually to Office 365 subscribers, so your app might not have these features yet. To learn how you could get new features faster, visit When do I get the newest features in Office 2016 for Office 365?.

  • This topic assumes that you are using the built-in Android screen reader, TalkBack. To learn more about using TalkBack, go to Android accessibility.

  • This topic assumes you are using this app with an Android phone. Some navigation and gestures might be different for an Android tablet.

  • まだインストールしていない場合は、Google Play から Excel for Android アプリをダウンロードしてインストールします。

  • TalkBack ジェスチャーの詳細については、「TalkBack ジェスチャーを利用する」を参照してください。

この記事の内容

Excel for Android を開く

  1. Android デバイスのホーム画面で、画面上を指でドラッグし、"アプリ" と聞こえたら画面をダブルタップします。

  2. 2 本指で下方向にスワイプしてアルファベット順のアプリ一覧の末尾に移動し、"Excel" という音声が聞こえるまで画面上を指でドラッグします。画面をダブルタップしてアプリを開きます。

Excel を初めて起動したときは、Microsoft アカウントへのサインインが必要な場合があります。サインインの方法については、「Excel で Microsoft アカウントにサインインする」を参照してください。

Tip: Google アプリで "OK Google" 音声検索をオンにしてある場合は、"OK Google、Excel を開く" と音声入力するだけで済みます。

Tip: 前回の使用時に Excel アプリからサインアウトしていない場合、サインインを求められることなく、アプリは開きます。

TalkBack スクリーン リーダーと連携する

Excel for Android を組み込みのスクリーン リーダーである TalkBack と連携させます。Android の TalkBack が有効になっていると、デバイスでタッチ、選択、またはアクティブ化したものが音声で説明されます。これには、コマンド、場所、代替テキストおよび Excel の画面、メニュー、ポップアップ ウィンドウの内容が含まれます。

TalkBack をオンにする

TalkBack を有効にするには、視覚障碍のないユーザーによる補助が必要な場合があります。

  1. Android デバイスのホーム画面で、[アプリ] > [設定] > [アクセシビリティ] > [TalkBack] の順にタップします。

  2. 切り替えをタップして [オン] 位置にし、[OK] をタップします。

  3. ホーム画面に戻るには、[ホーム] ボタンをタップした後、画面をダブルタップします。

ジェスチャを使って、TalkBack を操作します。

TalkBack がオンの場合は、コマンド、場所、およびコンテンツを検索する画面に沿って、指をドラッグします。アイコン、ボタン、その他のアイテムの上を指でドラッグすると、それぞれの名前が読み上げられます。右または左にスワイプして、画面上の次または前のアイテムに移動することもできます。現在のコマンドまたはその他の画面要素を選択またはアクティブ化するには、画面をダブルタップします。上下左右にスクロールするには、2 本の指を使用して目的の方向にスワイプします。

TalkBack を設定する

TalkBack が有効になっているときに使用できるショートカット ジェスチャの完全な一覧と、TalkBack でのデバイスの動作方法をカスタマイズするための他の多くのオプションについて理解します。

  1. デバイスのホーム画面で、画面の下部に沿って指をドラッグし、"アプリ、ダブルタップしてアクティブ化" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  2. 2 本指で上方向にスワイプしてアルファベット順のアプリ一覧の末尾に移動し、"設定" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  3. "アクセシビリティ" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. "TalkBack、オン" と聞こえるまで右にスワイプします。通常は、[アクセシビリティ] メニューの最初のコマンドです。画面をダブルタップします。

  5. “設定” と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  6. 2 本指で上にスワイプして、一覧のほぼ真ん中まで下にスクロールします。スワイプを停止すると、その場所が読み上げられます。次のように読み上げられるまで右にスワイプします。"ジェスチャの管理"普通、一覧の後半にあります。画面をダブルタップします。

  7. 右にスワイプして使用できるジェスチャの一覧を調べます。各ジェスチャとそれによって行われる操作が読み上げられます。[TalkBack の設定] メニューに戻るには、画面上を指でドラッグして "戻るボタン" と聞こえたら画面をダブルタップします。

  8. [設定] メニューで使用できる他のオプションを調べます。

    • 読み上げの音量

    • 声の高さを変更する

    • キーボード操作の読み上げ

    • 連続読み上げを開始するにはシェイクする

    • 使用のヒントを読み上げる

    • 振動フィードバック

    • 音声フィードバック

    • タッチで調べる

    • コンテキスト メニューをリストとして表示する

    • TalkBack の一時停止および再開のショートカット

  9. 切り替えでオプションをオンまたはオフにするには、画面をダブルタップします。オプションの説明の後で "オン スイッチ" または "オフ スイッチ" と読み上げられることで、オプションに切り替えがあることがわかります。

  10. 切り替えがないオプションについての詳細を確認するには、画面をダブルタップします。

Tip: [TalkBack の中断と再開] ショートカットを有効にしてある場合は、ボリューム アップ/ボリューム ダウン キーを同時にしばらく押すことで、再び必要になるまで TalkBack をオフにできます (視覚障碍のないユーザーがしばらくデバイスを使う場合など)。"TalkBack を一時停止" と聞こえたら、"OK ボタン" と聞こえるまで右にスワイプして、画面をダブルタップでします。

TalkBack をオフにする

  1. 任意のビューまたはメニューからホーム画面に戻るには、画面の下部に沿って指でドラッグして "ホーム ボタン" と聞こえたら画面をダブルタップします。

  2. デバイスのホーム画面で、画面の下部に沿って指をドラッグし、"アプリ、ダブルタップしてアクティブ化" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  3. 2 本指で上方向にスワイプしてアルファベット順のアプリ一覧の末尾に移動し、"設定" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  4. "アクセシビリティ" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  5. "TalkBack、オン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  6. "オン スイッチ" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。次のように読み上げられます。"TalkBack を停止"

  7. "OK ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

詳細については、「Android で TalkBack を使ってみるる」を参照してください。

他のアクセシビリティ機能と連携する

Android デバイスでアクセシビリティを向上させるには、TalkBack をオンにするだけでなく、[アクセシビリティ] 画面のその他の機能を設定できます。

  1. デバイスのホーム画面で、画面の下部に沿って指をドラッグし、"アプリ、ダブルタップしてアクティブ化" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  2. 2 本指で上方向にスワイプしてアルファベット順のアプリ一覧の末尾に移動し、"設定" と聞こえたら、画面をダブルタップします。

  3. "アクセシビリティ" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. "アクセシビリティ" と読み上げられるまで画面を下の [システム] 領域へ移動し、ダブルタップします。

  5. [アクセシビリティ] メニューで、次の音声が聞こえるまで右にスワイプします。"システム、見出し"利用可能なオプションには次のようなものがあります。

    • [キャプション] は、すべての画像の下部中央にキャプションを追加します。テキストのサイズとキャプションのスタイルを変更できます。

    • [拡大ジェスチャ] は、特定のジェスチャでビューを拡大/縮小する機能を有効にします。ジェスチャの説明を聞くには切り替えを越えて右にスワイプします。

    • [フォント サイズ] は、デバイスのすべての文字をより大きなポイント サイズにします。

    • [表示サイズ] は、ファイル内の要素のサイズを大きくできます。

    • [パスワードの読み上げ] は、パスワードをタイプするのではなく音声で入力できます。

Excel で Microsoft アカウントにサインインする

Excel にサインインした後は、アカウントを他の Office アプリでも使用できます。

  1. Excel を初めて開いた後、"準備完了" と聞こえるまで待ちます。"サインイン ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  2. 次のように読み上げられます。"Excel による連絡先へのアクセスを許可しますか""許可ボタン" または "拒否ボタン" と聞こえるまで右にスワイプします。画面をダブルタップして選択を確定します。

  3. "メール アドレスまたは電話番号を入力" という音声が聞こえるまで待ってから、画面をダブルタップします。メール アドレスを入力し、右にスワイプして、"次へ、リンク" と聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. Word で使っているアカウントの種類に応じて、"Microsoft アカウント" または "職場アカウント" と聞こえるまで右にスワイプします。両方のアカウントの種類の説明が読み上げられます。画面をダブルタップして選択を確定します。

  5. 次の音声が聞こえるまで待ちます。"編集ボックス、パスワード"画面をダブルタップして、使用するパスワードを入力します。"サインイン ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  6. "すべて設定" と聞こえるまで待ち、次のように聞こえるまで右にスワイプします。"Excel の使用を開始する"画面をダブルタップしてアカウントの追加を完了します。

関連項目

Excel for Android で外付けキーボードを使う

TalkBack を使って Excel for Android の基本的な作業を行う

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft wants to provide the best possible experience for all our customers. If you have a disability or questions related to accessibility, please contact the Microsoft Disability Answer Desk for technical assistance. The Disability Answer Desk support team is trained in using many popular assistive technologies and can offer assistance in English, Spanish, French, and American Sign Language. Please go to the Microsoft Disability Answer Desk site to find out the contact details for your region.

If you are a government, commercial, or enterprise user, please contact the enterprise Disability Answer Desk.

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×