Excel Web App を SharePoint ライブラリで使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スプレッドシートを見ながら、ライブ データを操作できます。列を並べ替えたり、フィルターを適用したり、ピボットテーブルを展開したりすると、データの傾向や関係を確認できます。値の再計算やデータの更新も実行できます。

Excel Online

SharePoint サイトのドキュメント ライブラリに移動し、Excel ブックに関連付けられたリンクをクリックします。
Excel Online でブックが開かれ、データの表示、並べ替え、フィルター処理、再計算、および更新を実行できます。

ブラウザーでスプレッドシートを編集する

ブラウザーで編集する場合、スプレッドシート内のデータの変更、数式の入力や編集、表やグラフの作成、および基本的な書式設定を行うことができます。

Excel Online

  1. SharePoint サイトのドキュメント ライブラリに移動し、Excel ブックに関連付けられたリンクをクリックします。

  2. [ブラウザーで編集] をクリックします。

ブラウザーでは実行できない変更をブックに対して行う場合は、次の操作を行います。

  1. [ホーム] タブで [Excel で開く] をクリックします。

  2. Excel でブックを保存します。SharePoint サイトでブックが保存されます。

スプレッドシートの作業を同時に共同で行う

参加申し込み用紙やグループ プロジェクトがある場合、 同じブックに対して他のユーザーと同時に共同作業することができます。リストを電子メールで回覧したり、チーム メンバーが SharePoint サイトでリストをチェックインするまで待ったりする必要はありません。

複数のユーザーによる編集

  1. Excel ブックに関連付けられたリンクをクリックし、Web ブラウザーに表示された URL を電子メールまたはインスタント メッセージにコピーして、共同で作業するユーザーに送信します。

  2. Excel Web App で、[ブラウザーで編集] をクリックしてブックを編集します。
    メッセージを送信したユーザーがブックを編集しているときに、メッセージの受信者も受け取ったリンクをクリックして同時に編集を行うことができます。互いに変更を行うと、相手にも表示されます。

追加情報

Excel Web App の使用方法の詳細については、「ひとめでわかる Excel Web App」および「Excel Web App の概要」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×