Excel Web Access Web パーツの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel Web Access Web パーツは、ドキュメント ライブラリ内の Excel ブックを表示する SharePoint テクノロジです。Excel Web Access Web パーツを SharePoint ドキュメント ライブラリ内の任意のブックに接続し、それをダッシュボードや他の SharePoint ページで使用することができます。たとえば、四半期レポートから特定の要素を選択し、ダッシュボードに表示するような使い方が考えられます。

Excel Web Access の基本的なコンポーネント

複数のシートから成るブックすべてを 1 つの Excel Web Access Web パーツに表示することも、ブックから単一の要素のみを選択して名前付きアイテムとして発行することもできます。たとえば、元のブックを (単一のワークシート、名前付きアイテムなど、オブジェクト単位で) 複数のセクションに分割し、個々のセクションを別々に発行することができます。さらに、各セクションを個々の Web パーツに接続し、Web パーツ ページへのアクセス許可を構成することによって、ブックの各セクションへのアクセスを制御できます。加えて、発行済みの Web パーツを相互に接続し、クロス フィルター処理や動的データ更新を実現することができます。Excel Web Access Web パーツは必要に応じて再利用できるため、同じ Excel Web Access Web パーツを多数の Web ページで使用することができます。

Excel Web Access Web パーツを使用すると、他のユーザーと簡単かつ安全にレポートを共有したり、データを分析、調査したりできます。

この記事の内容

Excel Web Access の Web パーツとは何ですか。

ページを Excel Web Access Web パーツを追加します。

ブックを Web パーツに接続します。

Excel Web Access Web パーツとは

Excel Web Access Web パーツ内のブックは、Microsoft Excel のブックの外観や動作によく似ています。たとえば、Excel Web Access Web パーツ内のブックには、シート タブ、アウトライン ボタン、およびドロップダウン矢印があります。Web パーツをカスタマイズする方法はいくつかあります。

Excel Web Access を使って Excel ブックを共有する

1. 最上部のセクションでは、タイトルといくつかのメニューのコマンドの選択] ドロップダウン リストを含むツールバーが表示されます。

2. のメイン ウィンドウでは、ワークシートの表示で 1 つまたは複数のワークシートまたはグラフや Excel のテーブルで名前付きアイテムなど、名前付きアイテムが表示されます。さらのメイン ウィンドウは、ブックの内容のアウトラインを表示することがあります。

3. [パラメーター ] ウィンドウは、パラメーターが元のブックで定義されているときに表示されたら、各パラメーターの詳細について、指定したオプションのツール ヒント定義済みのパラメーターのデータ入力用のテキスト ボックスにラベル付けされたします。

4. 一番下には、データ更新メッセージが表示されます。

Excel Web Access Web パーツにブックを表示するには、ページに Web パーツを追加してから、そのブックを Web パーツに接続する必要があります。最終的に、Web パーツの Excel Web Access のツール ウィンドウでプロパティを選択して、Web パーツをカスタマイズできます。プロパティを構成することで、Web パーツのサイズとレイアウトを制御したり、ユーザーによるブックの操作方法を制御したりできます。

ページの先頭へ

Excel Web Access Web パーツをページに追加する

ここでは、Excel Web Access Web パーツを既存の Web パーツ ページに追加する際に実行する必要のある具体的な手順について説明します。Web パーツをページに追加するには、サイトの既定の "<サイト名> のメンバー" SharePoint グループに属している必要があります。

適切なページが存在しない場合、サイト ページの作成が必要になることがあります。

Excel Web Access Web パーツを Web パーツ ページに追加するには、次の手順に従います。

  1. Excel Web Access Web パーツを追加する Web パーツ ページから、使用する Web パーツ領域を探します。その領域内で [Web パーツ追加] をクリックします。

  2. Web パーツ ページに、Web パーツを追加するためのゾーンが含まれる 次の図は、新しく作成した Web パーツ ページの例を示します。ページには、ヘッダー ゾーンと本文の 1 つのゾーンが含まれています。各ゾーンでは、 Web パーツの追加] ボックスが表示されます。

  3. Excel Web Access Web パーツを追加する領域で、[Web パーツの追加] をクリックして [作成] ダイアログ ボックスを表示します。

  4. [作成] ダイアログ ボックスで、[Excel Web Access] を選択します。次に、[追加] をクリックします。

    この操作により、Web パーツがページに追加され、[ブックを選択してください] ウィンドウが表示されます。

ページの先頭へ

ブックを Web パーツに接続する

  1. Excel Web Access の [ブックを選択してください] ウィンドウで、[ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください] のリンクをクリックします。 ページが編集モードに変わり、Excel Web Access ツール ウィンドウが表示されます。

Excel Web Access Web パーツに [ブックを選択してください] ウィンドウが表示される

  1. ツール ウィンドウで Excel Web Access Web パーツのプロパティを選んで入力します。 ブックをテキスト ボックスで [ブックの表示] セクションで、URL またはブックの UNC を入力します。URL がわからない場合は、[参照] ボタンをクリックし、[ブックを使用することができます。

  2. [ツール バーとタイトル バー] セクションと [ナビゲーションと対話機能] セクションで、有効にするプロパティを 1 つ以上選択します。プロパティを無効にするには、関連するチェック ボックスをオフにします。

変更を保存して Web パーツの編集モードを終了するには、Web パーツのツール ウィンドウの下部にある [OK] をクリックします。また、編集を終了してブックを表示モードで表示するには、[編集の終了] をクリックします。

この操作により、ページ上に、関連付けられたブックを使用するように構成した Web パーツが表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×