Excel Starter で完全にサポートされていない Excel 機能

Microsoft Excel Starter 2010 は、コンピューターに自動的に読み込まれる、Excel の簡略化されたバージョンです。 Excel Starter には、スプレッドシートの作成と操作の基本的な機能がありますが、完全版の Excel で提供される多彩な機能のセットはありません。 この記事では、Excel Starter と完全版の Excel との違いを示します。

Excel Starter よりも豊富な機能が必要である場合は、Excel Starter から Excel に簡単にアップグレードできます。[ホーム] タブの [購入する] をクリックし、オンライン店舗にアクセスすると、すぐに Office を購入してダウンロードできます。

ブックのコンテンツ

Excel の機能

Excel Starter でのサポート

アドイン

使用できません。

アドインは、Excel Starter と共にインストールできません。Excel アドインで作成したブックを開くと、ブックの一部の機能はサポートされない場合があります。

ピボットテーブル

作成できません。

ピボットテーブルを含むブックを開くと、ピボットテーブルの並べ替えやフィルター処理、およびピボットテーブル全体の切り取り、コピー、貼り付け、または削除が可能です。ピボットテーブル内のセルの書式設定やデータの更新も可能です。

ピボットグラフ

作成できません。

ピボットグラフを含むブックを開くと、軸ラベルの変更など、([デザイン] タブおよび [レイアウト] タブを使用して) ピボットグラフのデザインを変更できます。ピボットグラフ全体の切り取り、コピー、貼り付け、または削除も可能です。また、データの更新も可能です。

スライサー

作成できません。

スライサーを含むブックを開くと、スライサーを使用してピボットテーブル レポート内のデータをフィルターすることができます。スライサー スタイルの適用やスライサーの削除も可能です。

SmartArt グラフィック

作成できません。

SmartArt を含むブックを開くと、テキストの編集と書式設定、図形の書式設定、および SmartArt グラフィック全体の切り取り、コピー、貼り付け、または削除が可能です。

署名欄

作成できず、デジタル署名を使用できません。

署名欄に有効な署名を含むブックを開くと、署名の詳細を表示できます。署名欄の切り取り、コピー、貼り付け、削除、またはサイズ変更も可能です。

オブジェクト

オブジェクトは、ワークシート上にドラッグ アンド ドロップしてブックに追加できます。オブジェクトの種類によっては、イメージとして描画されるものもあれば、オブジェクトを開くソフトウェアがコンピューターにインストールされている場合は [ファイル] タブをクリックして [開く] をクリックすると使用できるものもあります。

外部データへの接続

作成できません。

外部データに接続しているブックを開くと、Excel Starter によってデータが更新されます。

データの入力規則

作成できません。

データの入力規則を含むブックを開くと、Excel Starter ではそのルールが適用されます。

統合データ

作成できません。

統合データを含むブックを開いた場合は、リンクがサポートされます。

データ テーブル

作成できません。

データ テーブルを含むブックを開いた場合は、データを更新できます。

コメント

作成および削除できません。

コメントを含むブックを開くと、コメント内のテキストの書式設定および編集が可能です。

ファイル形式

  • .xla

  • .xlam

  • .dsn

  • .mde

  • .odc

  • .udl

これらのファイルは、Excel Starter では開けません。

プログラムの機能

Excel の機能

Excel Starter での可用性

クイック アクセス ツール バー

クイック アクセス ツール バーは、リボンの上下に表示できますが、このバーのコマンドを追加または削除することはできません。

リボンのカスタマイズ

Excel Starter のリボンはカスタマイズできませんが、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押すことで最小化および展開できます。

エラー チェック

計算の過程は表示されません。循環参照は検出できません。ただし、循環参照を含むブックを開くと、Excel Starter では、ステータス バーに循環参照のセル番号が表示されます。

ビュー

全画面表示およびユーザー設定のビューは使用できません。

ユーザー設定のビューで保存されたブックを開くと、Excel Starter では、ブックがそのユーザー設定のビューで表示され、ビューを変更することはできません。

列見出しと行見出し

見出しは変更できませんが、[ページ レイアウト] タブの [シートのオプション] で [表示] チェック ボックスをオンまたはオフにすることで、見出しの表示と非表示を切り替えられます。

アウトライン

行のグループを含むブックを開くと、グループの展開および折りたたみを行うことはできますが、グループを削除することはできません。

ウィンドウ枠の固定

ウィンドウ枠は固定できません。ウィンドウ枠が固定されているブックを開くと、Excel Starter では、ウィンドウ枠の固定を解除できませんが、ブック内のすべてのデータにアクセスできます。

ブック目次ウィンドウの非表示と再表示

ブック目次ウィンドウの非表示と再表示は切り替えられませんが、行、列、およびワークシートの非表示と再表示は切り替えられます。

目次ウィンドウが非表示になっているブックを開くと、Excel Starter では、目次ウィンドウを復元できません。データは失われないため、後でこのブックを Excel で開くと、非表示の目次ウィンドウを再表示できます。

言語パック

校正ツールはサポートされていますが、ユーザー インターフェイスやヘルプの言語は変更できません。

共有

ブックを Windows Live OneDrive というネットワークの場所に保存するか、メールで送信することで、ブックを共有できます。 ただし、Excel Starter には、ブックをインターネット FAX として送信するコマンドやブックを SharePoint サイトに保存するコマンドはありません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×