Excel Services を使用して共同作業を行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブックのデータがより簡単に共同作業するために、 Excel ServicesとMicrosoft Office Excel 2007を使用できる- Microsoft Office SharePoint Server 2007サーバーの Excel の計算のサービスを実行できます。

SharePoint ドキュメント ライブラリにブックを保存するだけではなくを次の利点を活用する Excel Services にブックを発行することができます。

  • ブックのデータを、所属組織用に設定された信頼できる場所に配置できます。

  • 他のユーザーに公開するブック内の部分を指定できます。他のユーザーに閲覧させたくないブック データを非表示にする必要はありません。

  • Excel Services でサポートされていない機能を使用しないようにすることができるようにするブックを Excel Services との互換性を確認できます。

  • Excel Services に発行されたブックは、Microsoft Office Excel Web Access を使用してブラウザーで表示でき、Excel を使用した場合と同じ精度で計算できます。

重要: Excel ブックを Excel Services に発行する機能は、Microsoft Office Ultimate 2007、Microsoft Office Professional Plus 2007、Microsoft Office Enterprise 2007、および Microsoft Office Excel 2007 でのみ利用できます。

この記事の内容

Excel Services とは何ですか。

Excel Web Access とは何ですか。

操作 Excel 2007 と Excel Services が連携する方法ですか。

Excel Services および Information Rights Management

安全な方法でデータに接続します。

Excel Services にブックを公開

Excel ブックを Excel Services での操作

Excel Services とは

相互作用できる Excel Services の基本的なコンポーネントは 3 つあり、それらによって Excel Services の全体的な構造設計が形成されます。

Excel Services の概要

1. Excel 計算サービス (ECS) は、ブックを読み込み、忠実 Excel Services での計算、外部データを更新、およびセッションが保持されている Excel Services の「エンジン」です。

2. Excel Web Access (EWA) が表示され、クライアント コンピューター上の ActiveX コントロールをダウンロードする必要はありません。 ダイナミック階層タグ マークアップ言語 (DHTML) と JavaScript を使用して、Microsoft Office Excel ブックをブラウザーでの操作を有効にする Web パーツは、ダッシュ ボード上の他の Web パーツおよびその他の Web パーツ ページに接続することができます。

3。 Excel Web サービス (EWS) は、開発者は、Excel ブックに基づくユーザー設定のアプリケーションを構築するアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) として使用できるいくつかの方法を提供する Microsoft Office SharePoint Services でホストされている Web サービスです。

Excel Services がMicrosoft Office SharePoint Server 2007のコンポーネントであるため、するも利用できます SharePoint テクノロジの多くの機能の次のような制御、保護するには、ブック、サーバー ベースのパフォーマンスとユーザーを追加するときにも拡大または縮小する機能へのアクセスを管理します。

ページの先頭へ

Excel Web Access とは

Excel Web Access は Excel ブックのデータおよびグラフを表示する Web パーツであり、その "外観" は Excel によく似ています (シート見出し、アウトラインのボタン、ドロップダウンの矢印など)。この Web パーツは、さまざまな方法でカスタマイズできます。

Excel Web Access を使用して Excel ブックを共有する

1. 上部のツールバーには、メニュー、コマンド、ドロップダウン リスト、およびページ スクロール用のナビゲーション ボタンがいくつか表示されます。

2. メイン ウィンドウでは、[ワークシート] ビューに 1 つまたは複数のワークシート、[名前付きアイテム] ビューにグラフや Excel テーブルなどの名前付きアイテムが表示され、必要に応じてアウトライン領域が表示されます。

3. 下部には、エラー メッセージと、データの更新などを確認するメッセージが表示されます。

4. [パラメーター] 作業ウィンドウは、パラメーターのラベル、データの入力、およびそれぞれのパラメーターの詳細については、指定したオプションのツール ヒントのテキスト ボックスにあります。Microsoft Office Excel Web Access

Excel Web Access の使い方の詳細については、ヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

Excel 2007 と Excel Services の連携について

Excel Services を使用して共同作業を行うには、まず Excel 2007 でブックを作成して、そのブックを Excel Services に発行する必要があります。端的に言えば、Excel 2007 は作成ツール、Excel Services はレポート ツールということになります。

Excel Services と Excel 2007 の連携

1. ビジネス アナリストなどのブックの作成者は Excel 2007 で Excel ブックを作成して、必要に応じて表示用の名前付きアイテムを指定し、パラメータを定義します。

2. ブックの作成者は、Excel Services のドキュメント ライブラリ (またはネットワークか Web フォルダ) にブックを発行します。その後、Excel Services で SharePoint 管理者がこのブックの管理とセキュリティ保護を担当します。

3. ブックの作成者およびその他のユーザーは、このブックを使用するレポート、Web パーツ ページ、およびビジネス インテリジェンス ダッシュボードを作成できます。

4. 多数のビジネス ユーザーがこのブックをブラウザで表示でき、ブックが外部データ ソースに接続されている場合は、そのデータを更新することもできます。

5. 適切なアクセス許可を持つビジネス ユーザーは、現在の状態のブックを、並べ替えやフィルタ処理など現在のセッション中に行った操作結果を維持したまま、Excel ブックまたはブックのスナップショットとしてクライアント コンピュータにコピーして、さらに詳しく分析することができます。

ページの先頭へ

Excel Services と Information Rights Management

Information Rights Management (IRM) は、Microsoft Office ドキュメントのプライバシーを保護し、適切なユーザーのみが機密情報を閲覧できるようにするための機能です。たとえば、四半期財務データを財務諸表として公開する 1 か月前に、そのデータを役員会の特定役員のみに報告できるため、役員会は広報活動の準備ができ、ビジネス上の適切な判断を下すことができます。

Windows SharePoint Services Version 3.0 以降のバージョンでは、ドキュメント ライブラリとそのライブラリ内のすべてのドキュメントが、それらの個々のドキュメントで IRM が有効になっているかどうかに関係なく、一括して IRM で保護されます。IRM が有効なドキュメント ライブラリにドキュメントをアップロードすると、そのドキュメントも IRM で保護されるようになります。

Excel Services は IRM が有効な Excel ブックをサポートしていないため、IRM が有効な Excel ブック、または IRM が有効なドキュメント ライブラリ内の Excel ブックを Excel Services で開くことはできません。ただし、IRM を利用する場合は、IRM を有効にしない状態で Excel ブックを Excel Services に発行し、そのブックを Excel Services でスナップショットとして開き、そのスナップショットを IRM が有効なドキュメント ライブラリに保存することができます。

詳細については、Office SharePoint Server のサーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

データに安全に接続する

Excel Services に発行されるほとんどの Excel ブックでは、データはそのブック自体に格納されています。このデータに加えた変更を Excel Services に反映するには、Excel ブックを保存するだけで済みます。その他にも、データベースまたは OLAP キューブなどの外部データ ソースに接続されているブックもあります。このような接続には、外部データ ソースの場所やログイン方法、データ ソースに対するクエリの実行方法やアクセス方法などの情報が必要です。このような接続情報はブックに格納することもできますが、外部データ ソースを多数のユーザーが共有する場合や、接続情報を更新する必要がある場合などは特に、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) に格納するケースが多くなります。ブックの作成者または管理者は、Excel 2007 を使用して接続を確立する方法で接続情報を作成し、その接続情報を ODC ファイル (.odc) にエクスポートします。

データ接続ライブラリ (DCL) は特別な SharePoint ドキュメント ライブラリであり、信頼できる場所として定義できるため、.odc ファイルを簡単に格納、セキュリティ保護、共有、管理できます。たとえば、管理者がデータベースをテスト サーバーから運用サーバーに移動するか、外部データにアクセスするクエリを更新する必要があるとします。この場合は、.odc ファイルを 1 つだけ用意して DCL に保存しておくことで、該当するデータ ソースへの接続情報の管理が容易になり、ユーザーも外部データにアクセスしやすくなります。これは、すべてのブックが、各自の保存場所がクライアント コンピュータでもサーバー コンピュータでも関係なく、同じ接続ファイルを使用して更新操作を行い、接続ファイルに対する最新の変更内容を入手できるようになるためです。接続情報ファイルが変更されたことを自動的に検出し、最新の接続ファイルを使用するように、Office SharePoint Server とユーザーのクライアント コンピュータをセットアップすることも可能です。

詳細については、作成、編集、および外部データへの接続の管理と Office SharePoint Server サーバーの全体管理ヘルプ システムを参照してください。

ページの先頭へ

Excel Services にブックを公開

Excel Services へのアクセスがある場合は、 Microsoft Office Excel Web Accessを使用して、 ブラウザーに含まれるデータのすべてまたは一部に他のユーザーがアクセスできるようにブックをサーバーに発行することができます。

他のユーザーが閲覧可能なデータ部分を定義する

ブックを Excel Services に発行する場合は、ブック全体がサーバーに発行されているが、個別のワークシート、名前付き範囲、またはMicrosoft Office Excel Web Accessで表示する Excel Services をグラフなど、ブックの要素を定義できます。ブックの特定の部分のみを表示することによって、不正アクセスからブックを保護するためのOffice SharePoint Server 2007のアクセス許可を使用しておくデータ ブックに機密の更新、再計算、および表示可能なデータを操作する権限のあるユーザーが有効になります。

パラメータを設定して対話型分析を可能にする

また、パラメータを定義することもできます。パラメータとは、Microsoft Office Excel Web Access ユーザーが値を定義できる個別のセルのことです。パラメータを使用すると、ブックの計算を制御するためのセルを用意できます。たとえば、パラメータとして指定されたセルにユーザーが入力した値を使用して、what-if 分析を実行することが可能です。

詳細については、ブックを Excel Services に発行し、 Office Excel Web Access でのブックのパラメーターを定義を使用してを参照してください。

ページの先頭へ

Excel Services で Excel ブックを操作する

Excel Services でブックのセルを編集することはできませんが、さまざまな方法でデータを操作できます。ブックのデータについて疑問が生じた場合は、通常、次のような機能を使用して、適切な情報を検索または表示することができます。

  • ブックのデータを再計算して、数式の最新結果を表示します。

  • データベースまたはオンライン分析処理 (OLAP) キューブなどの外部データ ソースの最新データを反映します。

  • 別のワークシート、ワークシートの一部、ブック内の選択した名前付きアイテム (グラフや Excel のテーブルなど) に移動します。

  • データの並べ替えやフィルタ処理を行います。

  • ピボットテーブル レポートのデータ レベルを展開するか折りたたみます。

  • パラメータを入力してセルの値を一時的に変更し、数式結果を更新したり、簡単な最適化分析を実行したりします。

  • ダッシュボードやその他の Web パーツ ページ上のフィルタ Web パーツまたはリスト ビュー Web パーツなど、接続先の別の Web パーツからデータを選択して、異なる結果またはビューを取得します。

注: Excel ブックをコピーしてコンピュータ上の Excel 2007 で表示すると、what-if 分析の実行や、書式を設定した印刷など、Excel のすべての機能を利用できます。

Excel Web Access の使い方の詳細については、 Microsoft Office Excel Web Accessヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×