Excel Services の設定を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. 共有サービス プロバイダ (SSP) の管理ページを開きます。

    SSP の管理ページを開くには、次の操作を行います。

    1. 上部のナビゲーション バーの [アプリケーション構成の管理] をクリックします。

    2. [アプリケーション構成の管理] ページの [Office SharePoint Server 共有サービス] セクションで、[このファームの共有サービスの作成または構成] をクリックします。

    3. [このファームの共有サービスの管理] ページで、管理ページを開く対象の SSP をクリックします。

  2. 共有サービス管理のホーム ページの [Excel Services の設定] セクションで [Excel Services の設定の編集] をクリックします。

  3. [Excel Services の設定] ページの [セキュリティ] セクションで、[ファイル アクセス方法] の下にある次のいずれかを選択します。

    1. [偽装] 偽装を使用すると、スレッドは、このスレッドを所有するプロセスのコンテキスト以外のセキュリティ コンテキスト内で実行できます。UNC および HTTP の場所に格納されているブックにアクセスしようとするユーザーを承認するために Excel Calculation Services が必要な場合は、このオプションを選択します。

      注: [偽装] をクリックしても、Microsoft Office SharePoint Server 2007 データベースに格納されているブックには何も実行されません。フロントエンド Web サーバーと Excel Calculation Services アプリケーション サーバーが別のコンピュータで実行されるほとんどのサーバー ファーム展開では、偽装には制限付き Kerberos 委任が必要です。

    2. [プロセス アカウント] Excel Calculation Services アプリケーション サーバーが UNC 共有または HTTP Web サイトからブックを開いている場合、ユーザー アカウントは偽装できないため、プロセス アカウントを使用する必要があります。

      Excel Services のフロントエンドで通信を暗号化しない場合は [接続の暗号化] の [必須としない] をクリックします。Excel Services のフロントエンドですべての通信を暗号化する場合は [必須] をクリックします。

      インターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) または Secure Sockets Layer (SSL) を展開すると、Excel Calculation Services アプリケーション サーバー、データ ソース、クライアント コンピュータ、およびフロントエンド Web サーバー間のデータ転送を暗号化することができます。データ転送の暗号化が必要と判断した場合は、IPsec または SSL を手動で構成する必要があります。クライアント コンピュータとフロントエンド Web サーバー間で暗号化された接続を要求しながら、フロントエンド Web サーバーと Excel Calculation Services アプリケーション サーバー間では暗号化されていない接続を許可できます。

  4. [負荷分散] セクションの [負荷分散方法] で、次のいずれかを選択します。

    1. [ブックの URL] ブックの URL を使用して、ブックを開く Excel Calculation Services (ECS) プロセスを指定します。これによって、特定のブックの要求は常に同じ ECS セッションに送られるようになります。

    2. [ラウンド ロビン] ブックを開くために使用する ECS プロセスは、負荷分散方法のラウンド ロビンを使用して選択します。

    3. [ローカル] ブックが開かれているコンピュータ内で ECS プロセスが使用可能な場合は、この ECS プロセスを使用します。ローカルの ECS プロセスが使用できない場合は、負荷分散方法のラウンド ロビンを使用して ECS プロセスを割り当てます。

      [再試行の間隔] ボックスに、ECS セッションに再接続するまでの待機秒数の上限を秒単位で入力します。これによって、指定した再試行間隔ごとに少なくとも 1 回接続が試行されます。

  5. [セッションの管理] セッションの [ユーザーごとのセッションの最大数] ボックスに、個々のユーザーが可能な Excel Services とのセッションの最大数を入力します (制限なしの場合は "1" を入力します)。

    ユーザーごとのセッションの最大数を少なく制限することで、リソースの利用可能時間を節約し、Excel Calculation Services のパフォーマンスとセキュリティを向上させることができます。多くのユーザーが同時に複数の Excel Calculation Services セッションを開いていると、パフォーマンスが低下することがあります。

  6. [メモリ使用] セクションの [プライベート バイトの最大サイズ] ボックスに、ECS プロセスが使用できる MB の最大サイズを MB 単位で入力します (ECS プロセスをホストするコンピュータの物理メモリの 50% に設定する場合は、"1" を入力します)。

    1. [メモリ キャッシュのしきい値] ボックスで、非アクティブのオブジェクトに割り当て可能なプライベート バイトの最大サイズの割合を、0 から 95 までのパーセント値で入力します。

    2. [未使用オブジェクトの最大有効期間] ボックスで、非アクティブのオブジェクトがメモリ キャッシュに保存される時間の上限 (分単位) を入力します。

  7. [ブックのキャッシュ] セクションの [ブックのキャッシュの場所] ボックスに、ECS サーバーをホストするコンピュータ上のブック ファイルのパスを入力します。このボックスを空白にしておくと、システムの一時ディレクトリのサブディレクトリが使用されます。

    1. [ブックのキャッシュの最大サイズ] ボックスに、Excel Services で使用されているブックに割り当てることができる MB を入力します。現在開かれていない最近使用されたファイルは、この値に対して加算されます。

    2. どのセッションでも使用されていないオブジェクトをキャッシュするには、[キャッシュの有効化] チェック ボックスをオンにします。

  8. [外部データ] セクションの [接続の有効期間] ボックスに、接続を開いたままにしておく時間の上限を秒単位で入力します。有効時間が切れた接続は、次のクエリを受信したときに、再び開かれます (接続を閉じて再び開かない場合は "-1" を入力します)。

    セッションを開いたままにしておける時間を制限することで、サービス拒否攻撃のリスクを軽減できます。

  9. [外部データ] セクションの [無人サービス アカウント] セクションで、[名前]、[パスワード]、および [パスワードの再入力] ボックスに、認証用にアカウントの資格情報が必要なデータ ソースに接続するために使用する、Excel Calculation Services の既定の Windows アカウントの資格情報を入力します。

    無人サービス アカウントは、Windows 以外の SSO 認証方法を使用するか、認証方法を使用しないデータ接続を確立するときに Excel Calculation Services が偽装できる、権限が低いアカウントです。無人サービス アカウントが構成されていない場合は、Windows 以外の SSO 認証方法を使用するか、認証方法を使用しないデータ接続は失敗します。

    無人アカウントを偽装すると、Office SharePoint Server 2007 データベース、および Excel Services が直接アクセスできるその他のデータ ソースを、Excel Calculation Services を使用して外部データ接続を開いているクライアント コンピュータによる不正なアクセスから保護します。無人サービス アカウントが偽装されていると、Excel Calculation Services アプリケーション スレッドに関連する資格情報を使用して他のデータベースにアクセスすることはできません。また、無人サービス アカウントを偽装すると、外部データ クエリは、権限が高い Excel Calculation Services アプリケーション スレッドのセキュリティ コンテキストではなく、権限が低いアカウントのコンテキストで実行されます。

    無人サービス アカウントは、ドメイン アカウントまたはローカル コンピュータ アカウントとして構成することができます。無人サービス アカウントがローカル コンピュータ アカウントとして構成されている場合は、すべての Excel Calculation Services アプリケーション サーバーで同じ構成になるようにします。無人サービス アカウントの権限を制限して、ネットワークへのログオンのみを有効にします。無人サービス アカウントが任意のデータ ソースまたは Office SharePoint Server 2007 データベースにアクセスできないことを確認します。

  10. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×