Excel Services のデータ モデル

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel Services では、SharePoint に発行されたブックを表示して使用することができます。発行されたブックには、レポート、スコアカード、ダッシュボード、データ モデルが含まれます。データ モデルは、Office Professional Plus で利用できるセルフサービスのビジネス インテリジェンス機能の重要な部分です。データ モデルのデータを収集し、発行して共有するレポートやスコアカードのソースとして使用できます。

データ モデルとは

データ モデルは、基本的に PowerPivot for Excel を使って作成、整理するデータのコレクションです。データ モデルは、通常、データの 1 つ以上のテーブルで構成されています。データ モデルを作成するときは、Microsoft Access 2013、Microsoft SQL Server、OData データ フィード、Microsoft Azure SQL データベース、XML ファイル、Oracle、Teradata などのさまざまなデータを含む 1 つ以上のソースからデータを取り出します。データは並べ替えて整理して、PowerPivot for Excel を使ってさまざまなテーブル間のリレーションシップを作成できます。

PowerPivot for Excel とデータ モデルの使用方法について詳しくは、以下のリソースをご覧ください。

データ モデルを使用する理由

Excel のデータ モデルを使用すると、さまざまなソースからデータを収集し、統一感のあるデータ セットを作成し、そのデータ ソースを使って強力なレポート、スコアカード、およびダッシュボードを作成できます。データ モデルでは、外部データ ソースへの単純な接続と比較して、次のような利点があります。

  • 複数のソースからデータを取得し、それらを 1 つのデータ セットにまとめることができます。

  • Excel 2013 のフラッシュ フィル機能を使って列の書式を設定し、データをより見やすく、使いやすくすることができます。

  • データを表示、並べ替え、整理することができます。

Excel でデータ モデルを作成したら、そのデータ モデルを使って、グラフ、テーブル、スコアカード、ダッシュボードを作成できます。たとえば、Excel 2013 を使用して、インタラクティブなピボットグラフ レポートやピボットテーブル レポートを作成できます。または、Power View を使用して、折れ線グラフ、横棒グラフ、バブル チャートなどのインタラクティブな表示を含むマッシュアップを作成できます。

データ モデルの作成方法と使用方法について詳しくは、以下のリソースをご覧ください。

Excel Services でデータ モデルを操作する方法

Excel Services を使用すると、データ モデルが含まれているブックを含めて、SharePoint ライブラリに発行されたブックを表示して使用することができます。Excel Services は、環境に応じて外部データ ソースへの接続を維持するので、データは最新の状態に保たれます。これにより、多くの時間と労力を節約できます。さらに、SharePoint のアクセス許可を使用して、データを表示、使用できるユーザーを管理できます。

Excel Services について詳しくは、次のリソースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×