Excel Services でブック内を移動する

ブックの作成者は、さまざまな方法で Microsoft Office Excel Web Access Web パーツを作成およびカスタマイズできます。状況によっては、表示する対象がブック内の特定の範囲や名前付きアイテムのみに限られることがあり、特定のグラフやセルの名前付き範囲などで、必要な情報がすべて表示されるために、ブック内を移動する必要がない場合があります。また、ブックに複数のワークシートが含まれている場合や、ワークシート内の情報が Office Excel Web Access の現在の表示サイズに収まりきらない場合があります。これらの場合は、別のワークシートへの移動や、同じワークシート内の別の部分への移動を簡単に行うことができます。

注:  また、Excel Web Access を Web ページ全体に表示したり、テキスト、数値、および日付値を検索したり、Microsoft Office Excel でブックを開くこともできます。詳細については、「Web ブラウザで Excel Web Access Web パーツを表示する」、「Excel Services でテキスト、数値、日付を検索する」、および「Excel で Excel Services のブックまたはスナップショットを開く」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

他のワークシートへの移動

同じワークシート内での移動

他のワークシートへの移動

注: ワークシートのタブが表示されるのは、ブックの作成者が Excel でブックを保存するときに、タブを表示するように設定し、かつ Excel Web Access の "表示する名前付きアイテム" プロパティを設定していない場合に限られます。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプ、および「Excel Web Access Web パーツのカスタム プロパティ」を参照してください。

  • Excel Web Access の下部の行見出しの下で、次のいずれかの操作を行います。

    • ワークシートの数が少ない場合は、シートのタブをクリックします。

    • ワークシートの数が多く、目的のワークシートが表示されていない場合は、隣接するスクロール バーを使用してワークシートをスクロールするか、または隣接するシート タブ ナビゲーション ボタンのいずれかをクリックして、シート タブをクリックします。

ページの先頭へ

同じワークシート内での移動

行と列の数が多い場合には、Excel Web Access では、スクロール可能なページ内に、それらの行と列の一部のみが表示されます。既定では、スクロール可能なページに、横 20 列、縦 75 行が表示されます。Excel Web Access に表示する行と列の数は、"" プロパティと "" プロパティを使用して、ブックの作成者が変更できます。詳細については、「Excel Web Access Web パーツのカスタム プロパティ」を参照してください。

注:  初期表示で最上部の先頭に表示されるセルは、Excel でブックが保存されたときの選択セルの位置に応じて決まります。

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

  • ワークシートに、現在のビューに収まりきらないセルがある場合には、スクロール バーを使用します。

  • [1 画面分左へ移動]、[1 画面分右へ移動]、[1 画面分上へ移動]、または [1 画面分下へ移動] のボタン矢印をクリックして、大きいワークシート内の次のスクロール領域に移動します。

    特定の行番号または列番号にページ移動するか、上端行、下端行、左端列、または右端列にページ移動するには、各ページ ボタンの横の矢印をクリックし、利用可能なコマンドを選択します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×