Excel Services でデータを抽出する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データの抽出は、セルの範囲またはテーブルの列に含まれるデータの一部を検索して操作するためのすばやく、簡単な方法です。データの抽出後は、指定した抽出条件を満たす行だけが表示され、表示する必要のないデータは表示されません。また、複数の列に基づいてデータを抽出することもできます。フィルタは累積的に適用されます。つまり、追加する各フィルタは現在のフィルタが適用されたデータに適用され、フィルタを追加するたびにデータが絞り込まれていきます。フィルタは、値リストまたは条件の 2 種類を作成できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

文字列を抽出します。

数値を抽出します。

フィルターの日付または時刻

上位または下位の数値を抽出します。

列のフィルターをクリアします。

データをフィルター処理の問題に関する詳細情報

文字列を抽出する

データを抽出するには、まずブックの作成者が Microsoft Office Excel ブックにフィルタを適用して、そのブックを保存する必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプを参照してください。

  1. 文字列データを含む列を見つけます。

  2. 列見出しの フィルターのドロップダウン矢印 (矢印) をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    文字列値の一覧から選択する   

    1. [フィルター] をクリックします。

    2. 文字列値の一覧で、抽出する文字列値のチェック ボックスをオンにし、抽出しない文字列値のチェック ボックスをオフにします。

      文字列値の一覧には、文字列値が最大 1,000 項目まで含まれます。一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、フィルタに使用する文字列値のチェック ボックスをオンにします。

      フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、最下部の隅をドラッグします。

      抽出条件を作成する   

    3. [テキスト フィルター] をポイントし、比較演算子のコマンドのいずれかをクリックするか、[ユーザー設定フィルター] をクリックします。

      たとえば、特定の文字で始まる文字列で抽出するには、[指定の値で始まる] をクリックします。特定の文字を任意の場所に含む文字列で抽出するには、[指定の値を含む] をクリックします。

    4. [ユーザー設定フィルター] ダイアログ ボックスで、右側のボックスに文字列を入力します。

      たとえば、文字 "J" で始まる文字列で抽出するには、「J」と入力します。また、任意の場所に "bell" を含む文字列で抽出するには、「bell」と入力します。

      一部のみが一致する文字列を検索する場合は、ワイルドカード文字を使用します。

      ワイルドカード文字を使用する

      次のワイルドカード文字はテキスト フィルターの比較条件として使用できます。

      入力する文字列

      検索対象

      ? (疑問符)

      任意の 1 文字
      たとえば、「インターフェ?ス」と入力すると "インターフェイス" や "インターフェース" が検索されます。

      * (アスタリスク)

      任意の数の文字
      たとえば、「Win*」と入力すると "Win98" や "Win2000" が検索されます。

      ~ (ティルダ) (?、*、または ~ の前に入力)

      疑問符、アスタリスク、またはティルダ
      たとえば、「fy06~?」と入力すると "fy06?" が検索されます。

ページの先頭へ

数値を抽出する

データを抽出するには、まずブックの作成者が Excel ブックにオートフィルタを適用して、そのブックを保存する必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプ システムを参照してください。

  1. 数値データを含む列を見つけます。

  2. 列見出しの フィルターのドロップダウン矢印 (矢印) をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    数値の一覧から選択する   

    1. [フィルター] をクリックします。

    2. 数値の一覧で、抽出する数値のチェック ボックスをオンにし、抽出しない数値のチェック ボックスをオフにします。

      数値の一覧には、数値が最大 1,000 項目まで含まれます。一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、フィルタに使用する数値のチェック ボックスをオンにします。

      フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、最下部の隅をドラッグします。

      抽出条件を作成する   

    3. [数値フィルター] をポイントし、比較演算子のコマンドのいずれかをクリックするか、[ユーザー設定フィルター] をクリックします。

      たとえば、最小値と最大値を指定して抽出するには、[指定の範囲内] をクリックします。

    4. [オートフィルター オプション] ダイアログ ボックスで、右側のボックスに数値を入力します。

      たとえば、最小値 "25" と最大値 "50" で抽出するには、「25」と「50」を入力します。

ページの先頭へ

日付または時刻を抽出する

データを抽出するには、まずブックの作成者が Excel ブックにオートフィルタを適用して、そのブックを保存する必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプ システムを参照してください。

  1. 日付または時刻を含む列を見つけます。

  2. 列見出しの フィルターのドロップダウン矢印 (矢印) をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    日付または時刻の一覧から選択する   

    1. [フィルター] をクリックします。

    2. 日付または時刻の一覧で、抽出する日付または時刻のチェック ボックスをオンにし、抽出しない日付または時刻のチェック ボックスをオフにします。

      既定では、セル範囲またはテーブルの列に含まれているすべての日付が、年、月、および日の階層によってグループ化されます。上位の階層を選択または選択解除すると、ネストされた下位の階層の日付もすべて選択または選択解除されます。たとえば、2006 を選択すると、2006 の下に月の一覧が表示され、各月の下に日の一覧が表示されます。

      値の一覧には、値が最大 1,000 項目まで含まれます。値の一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、抽出する値のチェック ボックスをオンにします。

      フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、最下部の隅をドラッグします。

      抽出条件を作成する   

    3. [日付フィルター] をポイントし、次のいずれかの操作を行います。

      共通フィルター   

      共通フィルターとは、比較演算子を使用したフィルターです。

      1. 比較演算子のコマンド ([指定の値に等しい]、[指定の値より前]、[指定の値より後]、[指定の範囲内]) のいずれかをクリックするか、[ユーザー設定フィルター] をクリックします。

      2. [ユーザー設定フィルター] ダイアログ ボックスで、右側のボックスに日付または時刻を入力します。

        たとえば、最初の日付/時刻と終わりの日付/時刻を使用して抽出するには、[指定の範囲内] をクリックします。

      3. [ユーザー設定フィルタ] ダイアログ ボックスで、右側のボックスに日付または時刻を入力します。

        たとえば、開始日"2006/1/3"、終了日 "2006/1/6" で抽出するには、「2006/1/3」、「2006/1/6」と入力します。開始時刻 "8:00 AM"、終了時刻 "12:00 PM" で抽出するには、「8:00 AM」、「12:00 PM」と入力します。

        動的フィルター   

        動的フィルターとは、再適用すると結果が変化する可能性のあるフィルターです。

      4. 定義済みの日付コマンドのいずれかをクリックします。

        たとえば、[期間内の全日付] メニューですべての日付から現在の日付を抽出するには、[今日] をクリックします。翌月のすべての日付を抽出するには、[来月] をクリックします。

        • [期間内の全日付] メニューにある [1 月]、[第 2 四半期] などのコマンドは、年に関係なく特定の期間を抽出します。これらのコマンドは、たとえば、数年間の売り上げを期間によって比較する場合に便利です。

        • [今年] と [今年の初めから今日まで] では、将来の日付の処理方法が異なります。[今年] では、年内の将来の日付 (明日から年末まで) が抽出されることがありますが、[今年の初めから今日まで] では、今日とそれ以前の日付だけが抽出されます。

        • 日付フィルターはすべて西暦カレンダーに基づきます。

        • 会計年度と会計四半期はカレンダー年の 1 月から始まります。

ページの先頭へ

最大値または最小値を抽出する

データを抽出するには、まずブックの作成者が Excel ブックにオートフィルタを適用して、そのブックを保存する必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプ システムを参照してください。

  1. 数値データを含む列を見つけます。

  2. 列見出しの フィルターのドロップダウン矢印 (矢印) をクリックします。

  3. [数値フィルター] をポイントし、[トップテン] をクリックします。

  4. [トップテン フィルタ] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. 左のボックスの一覧で、[上位] または [下位] をクリックします。

    2. 中央のボックスに、[項目] の場合は 1 ~ 255 の範囲の数値、[パーセント] の場合は 0.00 ~ 100.00 の範囲の数値をそれぞれ入力します。

    3. 右のボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

      • 数で抽出するには、[項目] をクリックします。

      • パーセントで抽出するには、[パーセント] をクリックします。

上位および下位の数値は、現在抽出されているデータではなく、元のセルの範囲またはテーブルの列から決定されます。

ページの先頭へ

列のフィルターをクリアする

  • 列のフィルターをクリアするには、列見出しでは、[フィルター] ボタン 適用されたフィルターのアイコン をクリックし、[ < 名 > から [フィルターのクリア] をクリックします。

ページの先頭へ

データの抽出に関する問題について

データの抽出を制限したり不可能にしたりする問題について、把握しておく必要のあるものを次に示します。

保存形式を混在させることは避ける     1 つの列で使用できるフィルタ コマンドは 1 種類に限られているため、最適な結果を得るには、文字列と数値、数値と日付などのように、保存形式の異なる値を同じ列に混在させないようにする必要があります。複数の保存形式が混在する場合は、最も多く使用されている保存形式のコマンドが表示されます。たとえば、同じ列の中に、数値として保存された値が 3 つ、文字列として保存された値が 4 つ含まれている場合、表示されるフィルタ コマンドは [テキスト フィルタ] になります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプを参照してください。

表示されている行の最大数の上限を超えるフィルターが適用された複数の行がある可能性があります。   フィルターに一致する行の数がMicrosoft Office Excel Web Accessで表示されている行の最大数を超えると、 Microsoft Office Excel Web Accessは最大数は現在のフィルターが適用された行の最初のセットを表示します。すべてのフィルターが適用された行を表示するには、次のスクロール領域をページにする必要があります。すべての Excel Web Access で表示する行の数を大きくして 1 つのスクロール領域でフィルターによって返された行を表示することができます。詳細については、 Excel Web Access Web パーツのカスタム プロパティを参照してください。

印刷されない文字があるとデータを抽出できない    ANSI コードが 0 ~ 31 の印刷されない文字が列に含まれている場合、Excel Web Access では、その列のデータを抽出することができません。Excel ブックでは、これらの文字の代替文字として四角形が表示されます。データを抽出するには、これらの印刷されない文字を削除するか、印刷される文字で置き換える必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel 2007 ヘルプを参照してください。

ピボット テーブル レポートに計算されるメンバー   その他の計算メンバーを含む、他のアイテムを (青色で示される)、[計算されるメンバーを組み合わせたフィルターを適用することはできません。メンバーを選択すると、1 つだけ計算されるようにフィルターを変更または 2 つ以上のアイテムを選択する場合は、計算されるメンバーを削除します。

ピボットテーブルのメタデータが表示されることがある    ブックの作成者が、フィルターを適用した OLAP ピボットテーブル レポートを含むブックを発行する場合、非表示フィールドのメタデータがユーザーに表示されることがあります。この情報を機密に保ちたい場合は、フィルターを有効にしないでください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×