Excel Services でデータのアウトラインを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データのリストをグループ化して取りまとめるには、各グループを 1 レベルとして、最大 8 段階のレベルのアウトラインを作成できます。下位レベルには、それぞれ 1 つ上位のレベルに関する詳細データが表示され、アウトライン記号の数字は、下位レベルほど大きくなります。アウトラインを使用すると、集計行や集計列の表示および各グループの詳細データの参照をすばやく行うことができます。次の例に示すように、行のアウトライン、列のアウトライン、または行と列の両方のアウトラインを作成できます。

アウトラインのリスト
地域と月を単位としてアウトラインを作成し、いくつかの集計行と詳細行を表示した、売上高データの行

1.  レベルに対応する行を表示するには、適切な すぐです アウトライン記号をクリックします。

2.  レベル 1 には、すべての詳細行の売上高の合計が含まれます。

3.  レベル 2 には、各地域の各月の売上高の合計が含まれます。

4.  レベル 3 には、詳細行が含まれます (図では詳細行 11 ~ 13 のみ表示)。

5.  アウトラインのデータを展開または折りたたむには、 プラス記号 (+)マイナス記号 (-) アウトライン記号をクリックします。

アウトラインの詳細データの表示と非表示を切り替える

注: アウトライン記号と特殊文字 すぐですプラス記号 (+) 、および マイナス記号 (-) が見つからない場合アウトラインを作成されませんでしたブック内でExcel Servicesに保存されたまたはフィルターのカスタム プロパティが無効にする前に。詳細については、 Excel Web Access Web パーツのカスタム プロパティを参照してください。

  • 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    グループの詳細データを表示または非表示にする   

    • グループの詳細データを表示するには、グループの プラス記号 (+) をクリックします。

    • グループの詳細データを非表示にするには、グループの マイナス記号 (-) をクリックします。

      アウトライン全体の特定のレベルを表示または非表示にする   

    • 表示するレベルの すぐです アウトライン記号をクリックします。クリックした記号よりも下位レベルの詳細データは非表示になります。

      たとえば、アウトラインに 4 つのレベルがある場合は、4 番目のレベルを非表示にして、 3 つ ] をクリックして、レベルの残りの部分を表示します。

      アウトラインの詳細データをすべて表示または非表示にする   

    • すべての詳細データを表示するには、 すぐです アウトライン記号の一番下のレベルをクリックします。たとえば、3 つのレベルが設定されている場合は、 3 つ をクリックします。

    • すべての詳細データを非表示にするには、 変更して をクリックします。

注: ブラウザの [コピー] コマンドを使用するか、ブックのスナップショットを作成して、アウトラインのデータをコピーすると、アウトラインが完全に展開されているか、部分的に展開されているか、完全に折りたたまれているかのいずれの場合も、Excel Services に現在表示されている行と列のみがコピーされます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×