Excel 4.0 マクロを操作する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel 2013 では、Excel 4.0 (XLM) マクロが引き続きサポートされますが、これらのマクロを Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の最新バージョンに移行することをお勧めします。マクロを移行すると、VBA プログラミング オブジェクト モデルの強化機能を利用することができます。移行を簡単に実行できるように、以前のバージョンの VBA には対応する機能がない新しいいくつかのオブジェクト、メソッド、およびプロパティが、残っている関数のオブジェクト モデルに追加されました。さらに、VBA のページ設定操作のパフォーマンスが向上し、XLM マクロの PAGE.SETUP() 機能と同等のパフォーマンスを実現できるようになりました。

XLM マクロの移行の詳細については、Excel 製品チームのブログExcel 4 マクロを参照してください。

移行の準備が整っていない場合は、引き続き Excel 4.0 マクロを実行できます。マクロを無効にした状態で Excel 2010 で XLM マクロを開くと、次のメッセージが表示されます。

"セキュリティの設定により、マクロが無効にされました。マクロを実行するには、このブックを再度開いて、マクロを有効にするよう選択する必要があります。マクロの有効化の詳細については、[ヘルプ] をクリックしてください。"

XLM マクロを実行できるようにマクロの設定を変更するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  3. [マクロの設定]、[すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] の順にクリックします。

    重要   この設定は使用しないことをお勧めします。使用する場合は、マクロのセキュリティ設定をできるだけ早く [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] に戻すことをお勧めします。

  4. [ファイル制限機能の設定] をクリックし、[ファイルの種類] で [Excel 4 マクロ シートとアドイン ファイル] をクリックします。[開く] のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  5. [選択した形式のファイルを開く処理] で [選択した形式のファイルを保護ビューで開き、編集可能にする] をクリックします。

  6. [OK] を 2 回クリックします。

関連情報

Excel 4.0 マクロのヘルプ ファイルをダウンロードする」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×