Excel 2016 for Mac のピボットテーブルで外部データ ソースを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベースなど、Excel 以外に格納されているデータのピボットテーブルが必要な場合があります。 この場合、まず外部データ ソースに接続し、ピボットテーブルを使用してデータの集計、分析、調査、プレゼンテーションを行います。

外部データ ソースを使用してピボットテーブルを作成する

外部データ ソースを使用できますが、ソースの種類によって手順が異なります。

ソースが SQL データベースである場合

  1. [データ] タブの [新しいデータベース クエリ] をクリックします。

  2. [SQL Server ODBC] をクリックします。

  3. [SQL Server ODBC データ ソースへの接続] ダイアログ ボックスが表示されます。 データベース管理者からサーバー情報を取得し、このダイアログ ボックスに入力します。 作業を終えたら、[接続] をクリックします。

  4. 左側で、サーバーの横にある矢印をクリックし、データベースを表示します。

  5. 必要なデータベースの横にある矢印をクリックします。

  6. 必要なテーブルの名前をクリックします。

  7. データのプレビューを表示するには、[実行] をクリックします。

  8. Excel にデータを入力する準備ができたら、[データを返す] をクリックします。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、[ピボットテーブル] をクリックして [OK] をクリックします。

    空のピボットテーブルが作成されて、[ピボットテーブル ビルダーが] 表示されます。 必要に応じてフィールドを追加、削除、移動します。

ソースが SQL データベースではない場合

SQL データベースではない外部ソースを使用する場合は、ODBC (Open Database Connectivity) ドライバーが Mac にインストールされている必要があります。 ドライバーの情報は、この Web ページに記載されています。 ソースのドライバーがインストールされたら、次の手順に従って、ピボットテーブルで外部データを使用します。

  1. [データ] タブの [新しいデータベース クエリ] をクリックします。

  2. [データベースから] をクリックします。

  3. データベースのデータ ソースを追加して、[OK] をクリックします。

  4. 左側で、サーバーの横にある矢印をクリックし、データベースを表示します。

  5. 必要なデータベースの横にある矢印をクリックします。

  6. 必要なテーブルの名前をクリックします。

  7. データのプレビューを表示するには、[実行] をクリックします。

  8. Excel にデータを入力する準備ができたら、[データを返す] をクリックします。

  9. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、[ピボットテーブル] をクリックして [OK] をクリックします。

    空のピボットテーブルが作成されて、[ピボットテーブル ビルダーが] 表示されます。 必要に応じてフィールドを追加、削除、移動します。

関連項目

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

Excel for Mac 互換 ODBC ドライバー

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×