Excel 2016 for Mac と Excel 2013 for Windows を比較する

次の機能一覧は、すべてを網羅しているわけではありませんが、Excel 2016 for Mac を Excel 2013 for Windows と比べた場合に、どのような違いがあるかを理解できるようになっています。

● 機能はサポートされて
◌ 機能はサポートされません

機能

機能の操作、機能のボタン

Excel for Mac

Excel for Windows

データの入力と書式設定

条件付き書式

データの入力規則

オートコンプリート

フラッシュ フィル

画像

ファイルからの画像の挿入

Excel 内からオンライン画像を挿入

Excel 内から画面の領域を挿入

フィルター

フィルター

高度なフィルター

タイムライン フィルター

数式

数式パレット

関数 *

オートコンプリート

数式の検証

ウォッチ ウィンドウ

アドイン

分析ツール

ソルバー

データ分析

ピボットテーブル

ピボットテーブル スライサー

テーブル スライサー

グラフ

ピボットグラフ

外部データ

Excel と一緒にインストールされる ODBC ドライバーを使って、SQL Server データベースに接続

その他の ODBC データ ソースに接続 **

テキスト ファイルからデータをインポート

Web クエリからデータをインポート

FileMaker からファイルをインポート

該当なし

マクロ

マクロの記録

マクロの実行

印刷

ページ レイアウト ビュー

改ページ プレビュー表示

PDF に印刷

ショートカット キー

コマンド キーのショートカット

Ctrl キーのショートカット

ファンクション キーのショートカット

Alt キーのショートカット

ショートカットのカスタマイズ機能

該当なし

* Excel 2016 for Mac には Excel 2013 for Windows のすべての関数が用意されています。ただし、WEBSERVICE、FILTERXML、ENCODEURL の関数だけは用意されていません。

** Excel 2016 for Mac では、ODBC ドライバーをダウンロードする必要があります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×