Excel 2016 for Mac で数式を別のセルまたはワークシートにコピーする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数式を別の場所にコピーする場合、コピー先のセルで数式に固有の貼り付けオプションを選ぶことができます。 数式をコピーして貼り付けるには、次の手順に従います。

  1. コピーする数式が含まれたセルを選びます。

  2. コマンド +C キーを押します。

  3. 数式を貼り付けるセルをクリックします。

    別のワークシートのセルに貼り付ける場合は、そのワークシートに移動して、コピー先のセルをクリックします。

  4. 書式設定された数式をすばやくペーストするには、 コマンド +V キーを押します。 または、[ペースト] の横の矢印をクリックします。

    [貼り付け] ボタンの横の矢印

  5. 矢印をクリックすると、オプションのリストが表示されます。 最もよく使われるものを次に示します。

    • [数式] は、元のセルの書式なしで、数式だけをペーストします。

    • [数式と数値の書式] は、数式と数値の書式 (たとえば、パーセンテージの表示形式、通貨の表示形式など) だけをペーストします。

    • [元の形式を保持] は、元のセルの数式、数値の書式、フォント、フォント サイズ、罫線、網かけをペーストします。

    • [値の貼り付け] は、数式を除外し、結果だけを貼り付けます。

    役立つことのあるその他のオプションも使用できます。

    • [罫線なし] は、元の罫線なしで、数式、数値の書式、フォント、フォント サイズ、網かけをペーストします。

    • [元の列幅を保持] は、数式、数値の書式、フォント、フォント サイズ、網かけ、罫線、元の幅をペーストします。

    • [入れ替え] このオプションは複数のセルをコピーする場合に使用します。 このオプションを使用して、1 つの行内の隣合わせのセルをコピーすると、1 つの列にペーストされます。 セルが列内にある場合は、1 つの行に隣合わせでペーストされます。 このオプションは、数式、数値の書式、フォント、フォント サイズ、網かけ、罫線をペーストします。

コピー先でセル参照を検証して、必要に応じて修正します。

数式を別の場所にコピーしたら、そのセル参照が正しいことを確認することが重要です。 セル参照は、絶対参照と相対参照のどちらを指定したかによって変わることがあるからです。

A1 の数式を 2 つ下のセルから右に 2 つ目のセルにコピーする

たとえば、A1 セルの数式を 2 つ下のセルから右に 2 つ目のセルにコピーする場合、セル参照は以下のように更新されます。

元のセル参照:

変更後のセル参照:

$A$1 (絶対参照列と絶対参照行)

$A$1

A$1 (相対参照列と絶対参照行)

C$1

$A1 (絶対参照列と相対参照行)

$A3

A1 (相対参照列と相対参照行)

C3

数式内のセル参照で思った結果が得られない場合は、別の種類の参照に切り替えてみてください。

  1. 数式が入力されているセルを選択します。

  2. 数式バーで変更する参照を選びます。 数式バー

  3. F4 キーを押して絶対参照と相対参照を切り替え、目的の組み合わせを選びます。

数式を別の場所に移動する

数式をコピーする場合とは異なり、数式を同じワークシートの別の場所または別のワークシートに移動すると、数式内のセル参照は指定したセル参照の種類に関係なく、変更されません。

  1. 移動する数式が含まれているセルを選びます。

  2. コマンド +X キーを押します。

  3. 数式を貼り付けるセルをクリックします。

    別のワークシートのセルに貼り付ける場合は、そのワークシートに移動して、コピー先のセルをクリックします。

  4. 書式付きで数式をペーストするには、[ホーム] タブで [ペースト] をクリックするか、 コマンド +V キーを押します。

    その他の数式ペースト オプションを表示するには、[ペースト] の下の矢印をクリックします。ここには多数のオプションがありますが、最も使用されているオプションは次のとおりです。

    • [元の形式を保持] は、元のセルの数式、数値の書式、フォント、フォント サイズ、罫線、網かけをペーストします。

    • [値と元の書式] は、値と書式のみを貼り付けます。数式は除外されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×