Excel 2016 for Mac で数式のエラーを修正する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

#VALUE!、#NAME!、 VLOOKUP の問題のいずれかであっても、エラーの修正には次の情報が役立ちます。

VLOOKUP

VLOOKUP でエラーまたは予期しない結果が表示されている場合には、「クイック リファレンス カード: VLOOKUP トラブルシューティング ヒント」をダウンロードしてください。

#VALUE! エラー

通常、この問題の原因は数値とテキスト値が混在していることに関連しています。 詳細については、「エラー値 #VALUE! を修正する」を参照してください。

#NAME? エラー

名前を正しく入力しているか、文字列を二重引用符で囲んでいるか、シート名を単一引用符 (') で囲んでいるかを確認します。 その他の原因と解決策については、「エラー値 #NAME? を修正する」を参照してください。

#NUM! エラー

このエラーは、数式に余分な文字を入力した場合に表示されることがあります。 たとえば、数式に「\1,000」と入力することはできません。 代わりに、「1000」と入力します。 その他の原因と解決策については、「エラー値 #NUM! を修正する」を参照してください。

#N/A エラー

数式で参照値が見つからない場合は、#N/A エラーが返されます。 詳細については、「エラー値 #N/A を修正する」を参照してください。

#REF! エラー

このエラーは、数式に無効なセル参照が含まれている場合に表示されます。 詳細については、「エラー値 #REF! を修正する」を参照してください。

#DIV/0! エラー

このエラーは、数値をゼロ (0) で除算した場合、または 0 や空白のセルを数式で参照した場合に発生します。 詳細については、「エラー値 #DIV/0! を修正する」を参照してください。

他のシートやブックを参照する

別のワークシート名を参照する場合、名前の後ろに「!」を入力してから、セルまたは範囲を入力します。 シート名にスペースが含まれている場合は、その名前を単一引用符で囲みます。 たとえば、=SUM('セールス レポート'!A1:A8) のようにします。

別の外部ブックを参照する場合は、次のようにします。

  • ブック名を角かっこ [ ] で囲みます。

  • ファイルへのフルパスを入力します。

  • パスを単一引用符で囲む必要があります。パスの先頭と、シート名と感嘆符の間で囲みます。

    例: =SUM('/Users/yourname/Desktop/[Q2 Operations.xlsx]Sales'!A1:A8)

参考情報: その他の簡単な解決策

  • 各数式の先頭には、等号 (=) を入力します。例: =SUM(A1:A8)

  • 数値を掛け合わせるには、X ではなく * 記号を使用します。例: =A1*A8

  • 開くかっこと閉じる括弧をすべて一致させてペアにします。 =IF(40>50,SUM(G2:G5),0) には 2 組のかっこがあります。

  • 必要な引数をすべて入力します。 数式パレットがこの操作に役立ちます。 数式に関数名を入力して、Ctrl + A キーを押すと、数式パレットが表示されます。

  • 数式内の文字列を二重引用符で囲みます。例: =IF(A2>B2,"Over Budget","OK")

  • 参照セルのデータ型を変更します。 コマンド + 1 キーを押して、[数値] を選びます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×